<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
行く夏を惜しんで!?
惜しむというより、夏そのものだった昨日、
叙々苑(オズスタジオシティ店)で。




一番よく行く焼き肉屋さんはここだったけど、なぜ今までブログに登場していなかったのか不思議。

一つは、美しきブログ目指す私としては絵的にイマイチだから。
  焼き肉はどの場面を撮っていいのかわからない、
  いつも悩む。
  生肉?焼いている最中?食べる間際?
それにどっちにしてもカメラワークが忙しすぎる。
もう一つは、おしゃれブログを目指す私としてはオヤジ臭くなりそうだから。(笑)

でも、、、↑この雰囲気はおしゃれでしょう?







続きを読む >>
| ■食 〜お店・練馬区〜 | 10:30 | comments(6) | trackbacks(0) |
まるでナポリ?の探検デート
大泉学園に薪窯ピッツェリアができたそうな。
関越の入り口(出口)に近いようなので、これは使えるかも・・・
家から線路2本を越えて(これが結構難点)親子の探検デート、
用賀に本店があり、全国で14店展開されているという「MAR-DE NAPOLI」(マルデナポリ)へ。







オシャレにライトアップされ、まるでナポリ(って行ったことないけど)のような二階建ての外観はこの辺りではかなり目を惹く。



続きを読む >>
| ■食 〜お店・練馬区〜 | 21:58 | comments(2) | trackbacks(0) |
暑さと時間を忘れて3時間
体温に近い気温の練馬区、
一歩お店の中に入るとそこは別天地。
あまりの心地よさと美味しさ、気づくと時計が午後3時を指している。。。
確か12時にはお店に入ったはず、これには驚きでした。


練馬区東大泉の「よね蔵」
お店の外観はどこにでもあるような普通のお寿司屋さん、
ところが、店内は落ち着いた穏やかな空気が流れていた。
板さんの真ん前の特等席に座る。



ネタケースのないカウンター越し、細やかで丁寧な包丁さばきに見とれてしまう。
動きが美しいのももちろん、板さんも気配りの素晴らしい上品な方で私の寿司職人のイメージとは遠い(って私が思い浮かべるのは、ど根性ガエルの梅さんみたいな人だから・・・笑)。
それに忘れちゃいけない、、、イケメンさんです。








続きを読む >>
| ■食 〜お店・練馬区〜 | 17:52 | comments(4) | trackbacks(0) |
海音ランチデビュ〜
家から滅多に行かない北の方角です。が、ただ一度だけ夜に行った石神井公園「海音」のランチはず〜っと気になっていました。
いざ、北の練馬ツアーへ! 




随分前に行ったのにオーナー板さんが覚えていてくださったこと。さすが、これでなくちゃ、うれしい再訪問となりました。

本日のランチ、ブリの照り焼きは・・・
たこの小鉢、メインのブリ照り、サラダ、ご飯、漬物、味噌汁のセット。








ブリの味付けはご飯にちょうどよくて、それはホッとする、うれしくなる美味しさ。
さらに、付け合せのヒメタケノコが珍しくて美味しかったこと。
ガスレンジの上に乗せた金網で焼かれていた、皮の中でタケノコが蒸された感じに焼きあがり熱々で驚くほど柔らかく、ほのかな香り。
皮を剥がす楽しさもある、お味噌をつけていただく。これは日本酒に合いそう。
この高級そうなタケノコをランチに付けちゃっていいのかしらと思いながらいただく。




サラダの小鉢。撮るのを忘れちゃったご飯、漬物、味噌汁、どれも質が高くて大満足です。

このお店、地元にすっかり根付いていることがうかがえる。次から次にお客が入りほとんど満席に近い状態だった。
それに相変わらず、目の前の板さんたちの包丁さばきや動きが気持ちよく伝わってきます、これもここの魅力。

別注のデザート、コーヒーと杏仁豆腐で+200円。



何だか懐かしいイチジクがのっていた、杏仁と組み合わせるというのも意外。




どこにいるのかを忘れてしまう美味しいひととき、和の食事ってあらためていいなぁと思いながらお店の外へ、階段を下りる。

蒸し暑いっ、外は、ずっと忘れていたかった日本の夏でした。


         
  
               

<追記>「海音」の夜   ランチ
       
| ■食 〜お店・練馬区〜 | 17:34 | comments(4) | trackbacks(0) |
Kiss不携帯につき・・・
Kissを持たずに出かけたブロガーでした。
駅からかなり歩くと脅かされ、転ぶといけないのでね・・・
しかし、メインであるお蕎麦の写りに泣いています。




住宅街の一軒家がお目当てのお蕎麦屋さん「法師人」
どこかの家にお邪魔するような感覚、靴を脱いで上がる。お座敷の落ち着いた雰囲気、歩いてたどり着いたので余計にホッとしてしまう。




足も、のども外の蒸し暑さから解放された〜!
さっぱりの酢が美味しい。



白エビの天ぷら。
ほわほわに軽くて、
エビの香りがぷ〜ん。
繊細だった。


これがまた、和+洋風テイスト。
クリームチーズにわさび漬けの細かく刻んだものが混ぜられていた。
これは簡単に作れそうで、美味しい一品。
やってみよう〜と思う。







厚揚げかと間違えたくらいの厚み、油揚げを焼いたもの。
これも食感ともに美味しい。



海苔の間に蕎麦味噌が入っている、カイワレの演出が可愛い。




どの料理もシンプルで素材が生かされていて、お酒を一層美味しくしてくれる。


ここまではケータイでまあまあ見られる画像ですが、
問題はここから。。。
なぜにメインの美味しかったお蕎麦がこんなひどい写りなのでしょう?
チロリロリ〜〜ンと余りにもうるさく鳴るケータイにちょっとイヤになっていたところだし、酔ってもいたのですね。







すみません、お蕎麦も酔っ払ってしまいました。

「せいろ」と粗引きの「ほうしとせいろ」北海道の玄蕎麦、石臼挽きだそう。〆には最高、それに梅雨どきはやっぱりお蕎麦だ、と思えた。
まるで別腹に入るかのようにスルスルと・・・しっかりお蕎麦の香りがして美味しかった。




蕎麦湯もしっかり。





デザートの豆乳のブランマンジェも第2の別腹につるりんと入る。
(一口いただいてしまい、撮り忘れていたことに気づく)



お蕎麦もお料理もお店の雰囲気に何だかぴったり。さらに、サービスしてくださる店主の娘さんが美しいこと、これはうわさどおりでした。きりりとした美人さん、きびきびとその動きも美しく決まっていました。

外に出ると、雲行きがちょっと怪しい。
駅への道で、ぽつりぽつりやってきました。天気予報は当たってしまったようです。

鉛筆 法師人  練馬区豊玉中2−7−12
          03−3994−5486





| ■食 〜お店・練馬区〜 | 22:32 | comments(4) | trackbacks(1) |
緑の中のイタリアン
少し早いけどお腹も空いてきましたので。






お花屋さんの2階です、「フェリーチェ」へ。
続きを読む >>
| ■食 〜お店・練馬区〜 | 17:14 | comments(8) | trackbacks(0) |
まるで心地よい「海音」のように・・・ 
    厨房からただよう空気に酔いました。


石神井公園「海音」(かいね)

突き出し、きゅうり黄身酢あんかけ。丁寧に細工されたきゅうりの食感が美味。
嬉しい予感がしてくる。





前菜三種。
この瞬間の感動ったら、、、石神井公園にいることを忘れてしまう、ここは高級料亭か旅先での高級旅館の夕食かと。
演出が素晴らしい、もちろん美味しいのは言うまでもないけど。
銀杏のもちもち感と宝石のような美しさが印象的。




この美味しさを目の前で作り出しているのが彼、若きオーナー料理人だ(きりりとしたイケメンさん)。このお店の雰囲気はこの厨房に発信源があった。金田中出身という若い板前さんが3名、カウンター越しできびきびと動く。包丁さばき、調理、盛り付け・・・この動きが美しいほどだ。丁寧に一品一品を作る空気はカウンターを越えて、心地よくただよってくる。





厨房から流れる空気に酔いながら、お酒もますます美味しくなってくる。
会話もはずみすぎるくらい・・・
それに伴いだんだんと画像も怪しくなってきた。(笑)ブロガー魂を捨ててしまえばよいものを。。。
織部の緑が眩しい、これによく映えたお造り。




これはアツアツでとても凝ったお料理だ。「豚饅頭」肉まんを想像していた私には驚きだった。中は豚の角煮、じゃがいもで包まれていた。もっちりとした中からとろりと角煮が現れる。こんな寒い日に格別。




そして・・・この後にいただいた「金目の煮付け」も素材が生かされていてとても美味しい。外の寒さをすっかり忘れている。(画像がブレブレで、修正しても追いつくシロモノではなかった、残念だな〜)



〆は「苺のジェラート」。お料理を堪能した後のこの程よい甘みと冷たさ、まさにきりりと〆!


心温まるお料理で満たされ外に出る。あ〜やっぱりここ、石神井公園だったんだ。。。が、冷たい風を感じる間もなく家に着く。こんな程よい距離にいいお店、「東京ウエスト」Manoaさんのブログに感謝します。
(何度も記事にされ気になっていたお店です。記事はこの「海音」さんだけで7〜8ありそうです、なので皆様サイト内で検索してください。)

<追記>その後ランチをいただきました。
    ランチ   ランチ

| ■食 〜お店・練馬区〜 | 11:23 | comments(6) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |