<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ぐっちーな」返上、「クチーナ」で。
お蕎麦屋さんにフラれちゃったので、来た道をまた、
今度は とぼとぼ・・・歩きました。

地下に、ちょっと良さそうなイタリアンを発見!
(外の看板にはリーズナブルな雰囲気がただよう、しかも、若いイケメンシェフさんの写真が・・・麺・面つながりで・・・決めた)
もうグチってません、「リストランテ クチーナ」で。





    この地下へ。




明るい店内が広がった。それに出迎えてくれるフロアマネージャーのSさんが感じいい。
もうお蕎麦のことは忘れている。。。
一番奥の、落ち着いた、すりガラスでちょっと仕切られた感じのテーブル席に案内された。






続きを読む >>
| ■食 〜お店・吉祥寺〜 | 18:26 | comments(9) | trackbacks(0) |
暖簾がない・・・
吉祥寺の中心街からは結構離れている「よしむら」へ、
てくてく・・・歩きました。

汗ばむくらい、やっと看板が見えてきた!




でも・・・




暖簾が出ていない。なに?。。。



続きを読む >>
| ■食 〜お店・吉祥寺〜 | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
駅のそばの変わりそば
秋はお蕎麦も美味しくなりますね。



始めは吉祥寺「中清」へ行くつもりでした、
駅から少しばかり距離があってめげました。駅南口すぐのところにある「ほさか」が第2プラン。

ビルの地下のお店、初めてなので不安、しかも、このビルが超古そ〜ときている。
が、外の看板はオシャレ↑ これは良いかも。。。

恐る恐る階段を下りると・・・





続きを読む >>
| ■食 〜お店・吉祥寺〜 | 17:21 | comments(4) | trackbacks(0) |
タイの匂いと森の風
井の頭公園内のちょっと高台の、それはいい場所に「ペパカフェ フォレスト」はあります。タイをはじめとしたアジア料理中心のカフェレストラン。





オープンエアの店内、遮るものは何もなくて今がちょうどいい。夏もお店の雰囲気にはぴったりだけど、暑くも寒くもないこの時期、緑の公園を眺めながら心地よい風に吹かれる。






実は、タイに惹かれて過去に三度行ったことがあります(ほとんどプーケットが主で)。でも、最後に行ったのはいつかを忘れてしまったくらい昔。。。
たぶんあれから10年以上経っているのかもしれない。






  
続きを読む >>
| ■食 〜お店・吉祥寺〜 | 17:46 | comments(8) | trackbacks(1) |
何だかハワイ
暑いっ。
ので盛り上がっている(?)「秋は○○」ちょっと休憩しますね。

しつこく昨日また行ってしまった近くのアメリカ、
今度はランチで。









またもや同じ席に案内される。で、当然のことながら窓の外の景色も一緒。
だけど、この間は夜だったので昼間はまたガラリ雰囲気が違う。
それに昨日の太陽、気温30度・・・
ハハハのハワイよ〜!






続きを読む >>
| ■食 〜お店・吉祥寺〜 | 18:21 | comments(5) | trackbacks(0) |
ココ ハ ドコ?
  出没naokoの突撃アド街っくは、アメリカ編です・・・!?
      
 










私の中にはアメリカンな血(薄い血って?じゃなくて)がどこかに入っていたんでしょうか・・・
そう思えるくらいとてもわくわくする、カメラもときめく雰囲気でした。




     

 
続きを読む >>
| ■食 〜お店・吉祥寺〜 | 18:14 | comments(4) | trackbacks(0) |
Napoliの次はふらんす


             Just a moment!

続きを読む >>
| ■食 〜お店・吉祥寺〜 | 18:07 | comments(6) | trackbacks(0) |
お熱いのがお好き?
夏こそホットに食べたい。
焼き肉屋さんにしようか、沖縄料理にしようか。。。

そこでkikoさま おすすめ、この焼き肉屋さんの方が私好みでは?ということで決定、吉祥寺三越裏手「寿香苑」へ。
確かに・・・
美味しくて印象的なお店。


わかりにくい場所だった、
やっているのかいないのか、
本当に焼き肉屋さんなのか、、、
どきどきしながら階段を昇る。
と、オシャレと言うのか、アートと言うのか、楽しいと言うのか、
ちょっとミステリアスでもある焼き肉屋さんがありました。





座敷へ、
店内には書、それにモンローびいきのご主人の趣味かモンローが目立つ。
流れる音楽もジャズ。





いきなりこれをいただいたわけではありません。
〆はこれで熱々に!




キムチもまろやか。








kikoさまおすすめの「味付けサラダ」
胡麻油と塩のみの(たぶん)シンプルな味付けで生野菜がいくらでも入っていきそうなサラダだった。


さて、お肉ですが・・・
私、初めての焼き肉屋さんの記事です。
思ったのですが、生肉を撮ったらいいのか、
焼いているところを撮ったらいいのか、
焼きあがったところを撮ったらいいのか、、、
困った、
撮るのも焼くのも食べるのも
忙しい〜たらーっ

よくわからないままとりあえず載せてます。


















種類も豊富でどれも美味しいお肉だった。
タン塩、なか落ちカルビ、ハラミ、もち豚、さいころ(ばら肉)、せんまい・・・(画像も撮りきれず)
こんな暑い日なのに不思議にするすると入ってしまう。



ごまの葉のごはん。
ぴりっとして
葉唐辛子のよう。
香りも美味しい。









「お熱いのがお好き〜」


ガツガツと焼き肉という感じでなく、ゆったりとくつろげるちょっと不思議な空間。




ミステリアスですが、勇気を持って昇りましょう。
日常とかけ離れた異空間的な落ち着き、デートにも使える焼き肉屋さんです。

鉛筆寿香苑  武蔵野市吉祥寺本町1−29−6 3F
      0422−20ー0573



| ■食 〜お店・吉祥寺〜 | 12:19 | comments(6) | trackbacks(0) |
いい風が吹いている・・・  
Trenta Tre 33 antica trattoria(トレンタ・トレ アンティカ・トラットリア)でランチ。




吉祥寺五日市街道に面するお店。淡いクリーム色の小ぎれいな外観、中へ入ると白い清潔感あふれる明るい空間が広がった。
いい風が流れているのを感じる、これは当たり!(っと直感)


以下はランチコース、パスタメインの1400円のコース。




食前の気分はチンザノ・ロッソ!
ソーダ割りでいただく。(ランチの単価上げに貢献して・・・)
これとガーリックの効いたパンが合う。



リングイネ 豚バラのラグーソース
これは単品で1200円だった。(選んだ理由の一つ)




パスタは10種類くらいあっただろうか、中からチョイス。
↑は熱々でソースがたっぷりで美味しくて食べ応えあり。



きのこがたくさん、シンプルなスパゲッティーニ
 









ドルチェとエスプレッソがついて〆。



ランチのお得感もさることながら(ピエール・ガニェールの次の日だから余計に感じる)、このお店の魅力はいい感じで流れている風とか空気の心地よさだった。
お料理も、客も、途切れることなく、
スタッフの方も、フロアに2名、半オープンのキッチンに3名、
すべてが気持ちのいい流れで動いている。




鉛筆Trenta Tre33 antica trattoria 武蔵野市吉祥寺本町2−7−8
       0422−22−3366




| ■食 〜お店・吉祥寺〜 | 17:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
ワインと共に ボナペティ
食べ歩きの記録が溜まってきました。
ブログに残しておくことで引っ張り出せるのはよいけど、忘備録としては。
こんなに食べちゃっているんだーと、確かな証拠が残りちょっと恐ろしくもあるこの頃です。

読んでいただいている方には、見ているだけなんてねぇ、うんざりしますよね。
が、今日もランチにお付き合いください、さらりと行きましょ。



吉祥寺にお店を構えて30年とか。
フレンチ「Bon Appetit」ボナぺティ



 
最も安い2100円のコースを。(前菜・スープ・メイン・デザート・飲み物)



新ごぼうの香りがとても美味しいスープ。割合あっさりと仕上げられていた。こなごなにしたごぼう、食感が面白い、今度マネしてみたいなと思う。




スズキのソテー。
旬が美味しい、野菜たちがとても元気。





このお店では地元三鷹で育つ自然農法、無農薬野菜などを取り入れているそう。






お皿にチョコレートでペインティングが施されているのかと思ったら、ここの店名入りオリジナルのお皿だった。







飲み物でフィニッシュかと思っていたら・・・


うれしいもう一品が。
それもうれしいことに、抹茶と小豆の和風なスウィーツではあ〜りませんか。
これがなければ、このコースは高いな〜と思っていたのですが。。。

完全にスウィーツに釣られちゃっている、
値段も妥当かなぁと思えてきました。





このお店はワインがとても充実していた。原価に近い価格で珍しいワインも提供されるとか。
しっかりしたお料理だったけど、しつこさが全然なくてうれしい。
夜、アラカルトでワインをいただくというのも良さそう。
それに好きなワインを持ち込んで、ワインに合った特別料理も作っていただけるとか。




ビルの3階にお店があるため、初めてではちょっと入りにくい。1階の入り口がお洒落に演出されています。

鉛筆Bon Appetit 武蔵野市吉祥寺南町2−8−8 M288ビル3F
            0422−76−1363

| ■食 〜お店・吉祥寺〜 | 18:20 | comments(2) | trackbacks(3) |
| 1/3PAGES | >>