<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
コスモスに再会、ギャラリー「まぁる」で。
恵比寿、Malle(まぁる)で開催中の「梨本美保 作陶展」で。




いつもお世話になっている陶芸教室、助手先生の作陶展はよくここ、「まぁる」で開催される。
こじんまりとしたオシャレなギャラリーです。





緑があって明るい窓辺には、器がそのまま使われるようにある。個人的にこの窓辺はまぁるの中で好きな所。


続きを読む >>
| ミニミニ陶芸展 | 18:15 | comments(8) | trackbacks(1) |
がらくた’s Barへ
  ようこそ! 秋の新作ができました。









上品すぎました(大きさ)
ちょこちょこお替り、お注ぎいたします......



| ミニミニ陶芸展 | 18:24 | comments(6) | trackbacks(0) |
違いのわかる・・・
  新作カップにコーヒーを入れました。

    naoko○○歳、違いのわかる・・・?
     ♪シャバダー、ダ〜、ダ〜

「コーヒーカップ小品集」









続きを読む >>
| ミニミニ陶芸展 | 17:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
新作がらくたコレクション
湯のみ温かいお茶がこれから美味しくなる季節です。
そんな秋のひとときに、新作の織部の急須などいかがでしょう!?





肩(取っ手)のライン、口のライン、ここに特徴を持たせました。
取っ手はあくまでも大きく、口は繊細に伸びやかに、
全体でバランスを崩さないように・・・これが難しいことです。
(tarutaru先生にかなりお手伝いいただきました)





重たくなってしまったので当初の予定にはなかった、スカートにプリーツを入れることにしました。
これで少し軽やかに・・・
秋のお出かけがティータイムが楽しくなりそうです!






続きを読む >>
| ミニミニ陶芸展 | 18:14 | comments(10) | trackbacks(0) |
がらくたすけっち家のがらくたから


食器棚はがらくたであふれてきました。
木製の棚は重みでかなりしなっています。
どんなにお料理を頑張ったところで使いこなせやしません。
この先、
がらくたすけっち家はがらくたで埋もれてしまうことでしょう。


新作で遊んでみました・・・

「太陽の匂い」



「海の香り」



中身が少々ブサイクでも、
のっぽさんは食卓の中でオシャレに映えます。
それに夏の呉須使いは少し涼しさを運んでくれるから。
・・・好きです。


| ミニミニ陶芸展 | 17:09 | comments(10) | trackbacks(0) |
Sweet Summer
果実の中で可愛さNo.1です、 
さくらんぼが届きました。



ずっと前に作ったお気に入りの器に・・・






小っちゃくて赤く頬そめて、とにかく可愛いよぉ・・・
一年でほんのいっときの出番。






こいつは大きくて、とにかく重いよぉ・・・
季節も選ぶし、だから出番はなかなかない。

| ミニミニ陶芸展 | 16:54 | comments(4) | trackbacks(0) |
出土品?
先週、陶芸教室で出土した?茶碗です。
ムロから丸焦げになって姿を現しました。

<After>






<Before>
手びねりで成形
素焼き後
籾殻、木炭を入れ炭化焼成
(一部灰釉をかける)





<After the after>

   お粗末さまでした。。。


| ミニミニ陶芸展 | 17:59 | comments(6) | trackbacks(0) |
遅咲きの桜でございます。
本日やっと咲きました・・・






花びらのふち部分に、色に作った釉薬をのせて焼いてみた。が、余り効果が表れず。目を皿にしてみるとイヒヒ ほんのり色らしきものが・・・
見えませんか?

軽く茹でたグリンピースと釜揚げ海老を混ぜて揚げたがんもどき
もどき。
色どりと海老の香りとを楽しみます。

| ミニミニ陶芸展 | 18:20 | comments(8) | trackbacks(0) |
柔らかな線・丸み  「まぁる」で
   恵比寿 ギャラリーMalleで開催中の「五十嵐貴子 陶展」で。


ギャラリーの窓辺の景色にとけ合っていた。器も生活の中で、そこに息づいている感じ。



五十嵐貴子さんは、いつもお世話になっている陶芸教室の助手先生の一人。とても優しい雰囲気を持っていらっしゃる、作品の柔らかな線と彼女の優しさが結びつく。
色づかいはシンプル、デザインが際立っていた。丸みってシンプルなようでいて難しいのではないだろうか。無駄のない流れが美しかった。
ほとんど手びねりの作品ばかりだそう。






ころんころんした石のような器はユニークであり斬新だ。食器として使う時には、きっと盛り付けが楽しくなるだろうな。空間も和みそう。

・・・と、知らないで3枚撮ってしまった後に、このギャラリーでは撮影がダメだと知る。でもせっかく撮ったのだから、えぃ載せちゃえ!
あとはギャラリーで本物にね・・・。

   鉛筆ギャラリー「Malle」(まぁる)で5日(日)まで開催中。
    渋谷区恵比寿 4−8−3 

| ミニミニ陶芸展 | 17:22 | comments(4) | trackbacks(0) |
モバイルおひなさま
      手乗りサイズ、持ち運び自在のおひなさまを出しました。 


手作りなのでちょっと不恰好、だけど、だから?可愛い。どこでも手軽に飾れるし、仕舞うのも超ラクラク。モノグサ(私)向けです。





我が家にお祝いごとがありました。

お花のアレンジメントの中に見つけた春、
香りと淡い色合いに春の息吹を感じます。
ソメイヨシノの開花予想も出ていたっけ・・・
東京は3月25日だって。








こちらも元祖モバイル。
新しいケータイ、すごいんですよ。
イナ・バウアーだってできちゃうの!




お花のお届けものを撮ってメールに添付して即、夫に送る。昨日からこれが大活躍。どんなお花をいただいたのかこれだと説明がいらないし、花の名前を伝えたところでわからないだろうし・・・まさに一目瞭然、これはいい〜。



| ミニミニ陶芸展 | 22:31 | comments(4) | trackbacks(0) |
| 1/6PAGES | >>