<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
お江戸 de フレンチ 「シグネチャー」
昨年12月にオープンした マンダリン オリエンタル東京 37階「SIGNATURE」で。 




日本橋、窓の真下には日銀が見えた。朝どんよりしていた空もお昼頃には晴れ間が覗く。日本橋からのこの風景は初めて、横には武道館、その先に新宿副都心、背中の後ろの方にはレインボーブリッジが。。。




逆光です、お料理が上手く?旨く?撮れてません。
アミューズは、カエルのモモ肉だった。
でも、カエルと言われなければ美味しい鶏肉。
クリーム系のスープ仕立て、上のパリパリなチーズ風味のパイと共に。







前菜は海老の・・・?
ブロガーゴコロ、ちょっと腑抜け。朝、ワセダのお見送り(追っかけ)で使い果たし?メニューを書き留める気も、しっかり覚えこむ気もなく。
(それにどこかでまだまだ始まらない試合のことも気になる。。。)
彩りがきれいで、ソースが何とも表現しがたいものだった。
オリエンタルな風味が漂うソース。






お魚は・・・
ひらめ、その上にどんと乗るはフォアグラ。
一番下はレンズ豆。このところよく食材に使われるようになっている。
食感の変化や彩りに一役。ただお腹にたまるので、もう少し少量でよかったかも。
ここのフレンチは、ゴテゴテのソースではないところがありがたい。





お肉は・・・
鴨。
牛肉より味わい深いかも。
トロトロの甘みがあるたまねぎのような野菜、ソースも和に近い。






いよいよお待ちかねが登場。
フレンチはこれがなくちゃ、しまらないのです。






数で勝負。
私の前には3点盛りのデザートが置かれた。どれもグレープフルーツが素材。
しかし、目の前の夫に運ばれたデザートも気になる。






こちらは豪華一点主義。
リンゴ、こっちの方が凝っているし、
ヒトのものが美味しそうに見えてしまう。。。











店内の色調はシルバーで統一されている。
窓際、中列、奥はソファー席の三列の構造。ちょっとだけ厨房が見える。フロアは全員男性スタッフで人数も多すぎると思えるくらいだった。若きソムリエさんが丁寧で的確なアドバイスをしてくださったので、シャンパンから白ワイン、赤と進んでしまった。今日はワインがお料理と好みとドンピシャ、美味しかった〜。


  ・・・そこでワインも記念撮影(注:ボトル注文ではありません)・・・


ソムリエさんが、このコ(EOS Kiss)をいいカメラだと・・・ニコニコ(別に腕じゃないのに)カメラを誉められちゃうと弱いの。ワインは美味しくなるし、彼が撮影のためにボトルをこちらにちゃんと向けて置いてくださる、終ると片付けてくれた。





お店を出たラウンジ。
お水の演出がビルの37階であることを忘れてしまう。 

フレンチインスパイアダイニングと書かれているシグネチャーのフレンチは、全体に大人しいお料理だった。奇抜なあっと驚く演出ではなく落ち着いた感じで、逆にややインパクトに欠けるくらい。眺めの良さとワインの充実(グラスワインも20数種あった?)、ソムリエさんの接客の良さが印象的。サービスも落ち着き感があって、さすがホテル内だった。

さてさてぇ・・・お店を出ると、キックオフの時間が迫ってました。。。

   ディナー「シグネチャー」マンダリン オリエンタル東京37階 
   中央区日本橋室町2−1−1




| ■食 〜丸の内・日本橋〜 | 17:12 | comments(2) | trackbacks(1) |
ぶどう畑に魅せられて「オザミトーキョー」
   丸ビル35階、この目にも嬉しい眺望系美食エリア、「オザミトーキョー」で。



    この美しきワインは「ジュブレイ シャンベルタン 2001」


35階という絶好の場所、店内はステップ式になっているため、どこのテーブルからも夜景が望める。席に着くと、食事前のシャンパンを勧められ・・・「デュバル シャルパンティエ」をいただく。これが、いけない?(いいと言うべき)オザミの空間にとても居心地よく溶け込んでしまった。

周りの壁には、ブルゴーニュ地方のぶどう畑の写真。それもモノクロのどこまでも見渡す限りぶどうの畑が続く横長の写真、これが素敵だった。こんな写真はどうやって撮るのだろうと思いながら、気持ちはフランスのぶどう畑。ぐるりと壁の二方を飾っている。



プリフィックスコースにする(6300円)。アミューズブーシュ。
ほたてと海老の香りがいい、ムース仕立て。




カルパッチョ、オザミトーキョースタイル。引き立て役の野菜の美味しかったこと。
 





グラスでいろいろ試してみたかったので・・・
ほろ酔いでもブロガー魂は眠っていなかったみたいだ。手帳になぐり書きが残っている・・・「シャトー ミランボー パパン」と読めるのはたぶん右のワイン。




メイン、和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。ワインもますます美味しくなり、このやわらかいお肉もダイナミックで美味しい。(画像がピンぼけ、酔いのせい?)






デザート、これもなぐり書きメモによると、「エキゾティックな香りに包まれた赤い果実たちのスープ仕立て ミルクシャーベットと共に」である。書いていてよかった、これじゃ覚えられるはずもないから。




日本一のワインセレクションとも言われている、15000本のワインが常備されているそう。ワインも主役になれてお料理も大胆かつ繊細で美味、おまけに眺望もいい。3拍子揃っている嬉しいお店だ。帰り際、スタッフの方に「一つ一つお料理を撮っていただきありがとうございました」と、言われてしまう。いえいえこちらこそご馳走様でした、拙い画像と言葉ですが少しでもこのお店のよさ、美味しさが伝わるとよいのだけど。。。ブロガー魂がちょっと目覚めています。 





| ■食 〜丸の内・日本橋〜 | 16:25 | comments(4) | trackbacks(1) |
35階なのに・・・
  今日のランチはここ、リストランテ・ヒロ・チェントロ、丸ビル35階で。

せっかくの35階、けれど予約もせずに出かけているので、当然窓際には座れない。タイミングよく入れたので、まあ眺望は我慢するしかないか。
青山店とは全く異なる雰囲気(青山は地下店)、一つはオープンキッチンによるもの。しかも、普通よりとても見晴らしのよいオープンキッチン、なのでその熱気・気迫が客席にも伝わってくる。それに客席のゆとり(隣りとの間隔)が余りなくてぎりぎり詰め込まれた感じも。
カジュアル、お昼ということもあり(1500円からのメニュー)、圧倒的に女性が多くて、あちこちでおしゃべりの花が大音響で。素晴らしいBOSEから音楽が流れている。ジャズのような、その曲が識別できないくらいの賑やかさ。何故にこんなにピーチクパーチク女性はお話好きなのでしょう。(あらま、私も?) 
せっかくの35階も、まるで1階にあるお店のような感覚だった、この高さが生かされていなくて残念、何だか勿体無い。

お料理の中で最も印象的だったのは、↑「シチリア産向日葵の蜂蜜でマリネしたフォアグラのロースト」。出された時、フォアグラとコーン?と見た目の組み合わせに驚いたけど、口に入れると意外と合っている。それに味の面でも、蜂蜜の甘さがフォアグラに合う。歯ごたえという面でも、ぶつぶつ感(シチリア産の向日葵の種?は意外と小さい、他にもわからない小さな実)とフォアグラのクリーミーなところの取り合わせが面白い。





パスタは「桃園豚とヤングコーンのラグーソース スパゲッティーニ」。しめが「ティラミス2005」。ティラミスと言われたのに真っ白、え??と・・・中にコーヒーのソースが隠されていた。崩すと中から溶け出すしくみ、これは意表をついていてなかなか(以上3500円のコース)。
ヒロさんは山田宏巳氏(って知り合いではないけど)、この頃あちこちに出店している。商売っけは余り出してほしくないんだけど。
斬新さというのか、食材の組み合わせの面白さ・発想の楽しさはヒロさんの特徴かな。
| ■食 〜丸の内・日本橋〜 | 23:17 | comments(7) | trackbacks(2) |
おのぼりさん
丸の内ビルディング、通称丸ビルへ。
このビルができてから丸の内界隈もかなり変わった。 行く度に新しいビルがオープンしていて、キョロキョロとおのぼりさんになってしまう。

余り特徴のない?丸ビル

おのぼりさんは、35階の<サンス エ サヴール>でランチ。
・・・コンセプトは「ソフィスティケ・
キュイジーヌ/百年後のトラディショナル」。
味わい深い三ツ星の料理とフランスのモダンな
エスプリを感じていただける、新しい試みです・・・と書かれている。
う〜ん、何だかよくわからないけど、
かなりオシャレで、今まで食べたことがないような美味しく美しいメニューばかりだった。
また、堅苦しい感じかと構えていたけれど、スタッフの方々はフレンドリーで、
適度な会話(うざくもなく)も楽しめた。
もちろんお昼からのシャンパンもワインも美味しい。

こんな感じ



(パシャパシャと撮れる雰囲気ではないし、食べることに没頭のため、
雑誌から転写)

何と言っても眺めがよいのは気分もよい。(目の前には東京タワー、お台場が見渡せた)




こんな日、家でのシンプルな夕飯が何だかホッとできて美味しく感じられるから、たまに許されるなら非日常的で豪華な、とても素人には作れそうにない料理をサービスしてくれるところがいい!
毎日食べても飽きないなんて、これはこれでおうちご飯もすごいじゃないのと思えてくる。
| ■食 〜丸の内・日本橋〜 | 22:35 | - | - |
| 1/1PAGES |