<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
看板のないカフェ
そこにあることはわかっていたけど・・・。
建物の外側、どこにも店名のわかる看板・文字などが一切ありません。



名前はこの際どうでもいいのでこの気になるカフェへ入ってみた。
入り口もわかりにくい。
外から見ると2階のテラスが面白そうなので、テラス席を希望して・・・。




表参道を挟み斜め向かいにラルフ・ローレンのお城のようなビルが見える。
このカフェの建物や内装がちょっと変わっていて面白い。
コーナーでまるで異なる雰囲気が作られている。1階の道側は暗めのガラスの内側にカジュアルなカフェ風、反対側がゆっくりくつろげそうな皮のソファー席、ラウンジのような。
2階へ上がるとこのテラス席と反対側が一段高くなったような小さなテーブル席(だったような)のバースタイル。タイル張りの床がオシャレだった。
3階は貸切のスペースのようだった。カフェと言ってもフードやアルコールのメニューも豊富。きっと夜はまた違う雰囲気なのだろう。

テラスの柵側(道側)はあいにくふさがっていた。外の車の音や人々の気配は賑やかな日曜日の午後。時折エンジン音が気になる車が走ったりした。雑踏を感じながらも、外の風が気持ちいい。

店内も混んでいるよう、ちょっと待たされて出されたコースターで店名がやっとわかった。




   「montoak」(モントーク)。




   けやきも少し茶色っぽいよ、見て、ところどころ。
   この間まで緑が眩しかったのに。
   そのうち、この葉が全部落ちてしまうんだね。
   
  テラス席が気持ちよいのもあとどの位なのでしょう。。。


鉛筆 montoak(モントーク) 渋谷区神宮前6−1−9
          03−5468−5928

| □ 〜カフェ・青山・渋谷・六本木〜 | 17:32 | comments(9) | trackbacks(1) |
バーでクールに・・・
そう言えば・・・
ずっとあこがれていたのは、バーで一人、カウンターに座りオシャレにお酒をいただく、
それが似合う大人の女性。

似合うかどうかは別として、もうそんな悠長なことを言っているトシではなくなってしまった、すっかり大人なのだもの。だけどずっと一人では行けなかった場所、バー。









デビューしました・・・





続きを読む >>
| □ 〜カフェ・青山・渋谷・六本木〜 | 17:48 | comments(8) | trackbacks(0) |
ちょっと車を見に!?
あの車のお店かと思ってしまうのですが、カフェです。
この辺りでは目を引く大きなカフェ、南青山一丁目。CAFE246。







続きを読む >>
| □ 〜カフェ・青山・渋谷・六本木〜 | 18:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
カフェの窓から
さっきまで降っていた雨が止んで・・・



ぶらりと入ったカフェ&ダイニング「CANTIK」の窓から。
雨に洗われた空が輝く。




花の終わりを告げている桜の木、
鳥(なに?)がやって来て。



真ん前が渋谷駅(埼京線)、
これは厭きないロケーションです。


CANTIK」とは、インドネシア語で「ビューティフル」の意味だそう。知らずに入ってしまったけど嬉しい、、、私の大好きな言葉ですもの。

1階はアジアンな雰囲気で溢れている。
2階は明るくて、ギャラリーも併設されていた。
圧倒的に女性(それも若い子)で占められている。リゾート地にいるような感覚、スタッフの女性が何だかとても気持ちよく動いていて感じがよい。女性6名くらいのグループ客の記念写真を撮ってあげていたっけ。




すっかり雨が上がった外へ。渋谷と言ってもすぐそこが代官山、お次は久しぶりの「OLD IMARI」へ、器を覗きに行ってみようと思います。


鉛筆 CANTIK 渋谷区桜丘町4−17
| □ 〜カフェ・青山・渋谷・六本木〜 | 22:57 | comments(4) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |