<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
もちろんベンティです!
  〜 ↓ここは池袋、陶芸教室で 〜

乗り換え駅の高田馬場で美味しそうな匂いに誘われました...





お財布の中にスタバの株主優待ドリンク券を一枚忍ばせていたことを思い出す。
あのクリスマスカップも可愛いし・・・と、馬場駅構内のスタバに入った。
かねてから気になっていた「ジンジャーブレッドラテ」にする。
サイズは巨大な「ベンティで!」
必ず確かめるスタッフさん、わざわざカップを目の前に差し出す、
「このサイズですがよろしいでしょうか?」
余りにも大きなサイズのため、確かめるようにと教育されているらしい。
(優待券はどんなサイズもトッピングも無料になる券)
もちろん!
ただであることをフルに活用しようとするセコイ根性なのだから。



続きを読む >>
| □ カフェ・その他〜 | 17:45 | comments(6) | trackbacks(0) |
大きなくすの樹のあるカフェで・・・
小金井公園に行く手前、五日市街道沿いにある
「珈琲館 くすの樹」。
武蔵野の緑の中、珈琲の香りただよう大人のカフェです。

   くすの樹があって・・・
   蔦のからまるシャトーがあって・・・
   広い駐車場があって・・・
     ゆっくりと珈琲をいただく。






店名にもあるくすの樹。それも大きな大きな樹、樹齢200年という。






蔦のからまるシャトー、ここでは貸切のパーティーや会議ができるらしい。




続きを読む >>
| □ カフェ・その他〜 | 18:11 | comments(6) | trackbacks(0) |
冬支度のカフェで・・・
岩蔵温泉、老舗旅館儘多屋の向かいの「ゆず」は、
東京にいるとはとても思えない、地元の常連さんが集うような温かいカフェ。

日が落ちてきた外から店内に入ると、薪ストーブの柔らかい暖かさが迎えてくれた、ほっと心が和むカフェでした。
  





冬の足音が聞こえてきます...












続きを読む >>
| □ カフェ・その他〜 | 18:02 | comments(6) | trackbacks(1) |
珈琲時間。巴有吾有。
神楽坂でランチ後・・・
看板には4文字の漢字、何て書いてあるのかわからないまま、外観からしていかにも珈琲という雰囲気のカフェに入る。









「ぱうわう」だった。格子窓からこの坂を行き来するサラリーマン達が見える。



  
続きを読む >>
| □ カフェ・その他〜 | 17:16 | comments(6) | trackbacks(1) |
この地にしっくり、レトロな「匠」で
京都のような雰囲気もある日光市街、大谷川の流れる神橋近辺で・・・。







古くて趣のありそうなカフェを見つけた。1階はお土産屋さん、金谷ホテルベーカリーの出店もあった。2階「匠」でコーヒータイム。




2階へ行くと、そこも古そうな空間だった。天井も高く豪華な造り、昔にタイムスリップして、しばしまったり・・・。






古い看板や大昔のレジスターなども置かれていたり、
重みを感じるお店だった。










ケーキは金谷ホテルベーカリー製。チーズケーキもチョコレートケーキも王道をゆく、今は余り見かけなくなってしまった懐かしいケーキだった。





お店の外にはこんな電話ボックスもあった。無くならないでほしい建物とカフェを後にした。

鉛筆  カフェレストラン 匠
      日光市上鉢石町1024

<秋の日帰り☆満喫の日光>記




| □ カフェ・その他〜 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
どこ吹く風
先日、蕎麦「流石」に行ったときに密かにチェックしていたお店、昭和通りに面している。ハワイの匂いが外観からもぷんぷんしてくる「MANAHA」へ。

美味しいコナコーヒーが飲みたいっ!










コナコーヒーはハワイの香りがする、コナの風を感じる・・・などとアヤシイコメントを書いていた私。

このお店、コナコーヒーがありましたよ、800円。
高いけどコナだから仕方ない、飲みたい気持ちの大勝。



続きを読む >>
| □ カフェ・その他〜 | 17:37 | comments(6) | trackbacks(1) |
ぞくぞく、○○の美味しい季節です。
秋は栗も美味しいっ!
   ちょっとのワインと軽食では、すぐに小腹が減って・・・





六本木ヒルズけやき坂通りの「TORAYA CAFE」で。
栗と言えば、モンブラン! しかも、TORAYAでは和栗モンブラン!
とても上品な甘み、栗がくりくりしていました!?
特に、見かけは何だかブサイクだったお皿の周りのお飾り、これが美味しい。
モンブランと言ってもムース状、中からも栗がゴロっと出てきます。





ほうじ茶の差し替え用お湯ポットの柄は
「TORAYAだもん、しましまです」


続きを読む >>
| □ カフェ・その他〜 | 17:36 | comments(2) | trackbacks(0) |
スペシャルソファー席のアジア〜ン



この木の扉がいい・・・
看板も。





Cafeの順番待ちの名前を書いて、店内の家具類を見て・・・
順番が来ました。


続きを読む >>
| □ カフェ・その他〜 | 15:49 | comments(4) | trackbacks(0) |
カフェ探検「マンモスコーヒー」
ある時、新しくできていたことを発見、
青梅街道沿い「MAMMOTH COFFEE」(マンモスコーヒー)、自家焙煎の珈琲豆販売&カフェです。

いつも通っている青梅街道をカフェから眺めると、
何だかちょっと違う。
こんな風に見えるんだ。
相変わらず交通量は多いなぁ・・・
車ウォッチングも面白い。

でも、外の音は遮断され爽やかな落ち着いた店内でした。




コーヒーにアーモンドのお菓子が添えられていた。





ケーキのように丁寧にコーヒー豆が保存されている。





二方向がガラス張りなので明るい。
木とグリーンの演出が効いている15席ほどの店内。







ストレートコーヒーが380円という信じられないうれしい価格だった。
で、もちろんオリジナルは「マンモスブレンド」。



 
デトックス後なので食べていいかなぁ?
って、食べました。。。
チーズケーキが美味しい。(ケーキはこの2種、いずれも350円)




コーヒーばかりでなくサンドイッチやカレーなどランチ向きのメニューもあります。
それに、張り紙によると珈琲豆の半額セールがあるらしい、
8月5・6・8・9日。


お店の裏に駐車場、2台分があります。
若い、たぶんご夫婦と見られるお二人がオーナーさんのよう、
とても感じのよいお二人でした。
この値段で本格的なコーヒーが楽しめるしわりと近い、
うれしいマンモスの発見でした。


鉛筆 マンモスコーヒー 練馬区関町南2−5−15
       03−3594−5900

| □ カフェ・その他〜 | 17:44 | comments(4) | trackbacks(2) |
緑の天然シャワーを浴びながら・・・
軽井沢の歴史を感じる重厚感あふれる「万平ホテル」
古きよき時代を思いながら、1階のカフェで。







天然クーラーの心地よい風が流れています。
BGMは小鳥で・・・


窓からは緑しか目に入らない。。。






ケーキ類も王道をいくような、真っ直ぐな感じ。
歴史を感じたのはサービスしてくれる女性の服装にも。たぶんずっと変わっていないでしょうに、なぜか今流行っているメイドカフェのようで・・・。





きっとお水が美味しいから、コーヒーも美味しく感じられる。
それに空気も美味しいから。

木の札を持ってレジに・・・。


1894年創業。
あの「大人の休日」のCM吉永小百合さんが本を読んでいたホテルの部屋は万平ホテルの客室だそう。

お茶だけ気楽に入れます。



鉛筆 万平ホテル 長野県北佐久郡軽井沢町925
            0267−42−1234

| □ カフェ・その他〜 | 16:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>