<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 桜への想い | main | なんかイイ感じ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
トマトの向こうに仔牛がいた。
箱根湖尻にある オーベルジュ オー・ミラドーで昼食。 芦ノ湖を臨むお城のような建物、私はと言うと、もちろん気持ちお姫様でときめき

トマトの遥か向こうにあるのがメイン(お肉)の仔牛のハラミ。
とろ〜りと旨みが凝縮されて、フレンチにありがちなたっぷり濃いめのソースがかけられていなかったのがとても嬉しい。
ソースは好みでマスタードか塩でシンプルに。
盛り付けにも目が奪われる。 
まさに芸術、なのに壊してしまう、胃袋に収めてしまう、申し訳ない。。。

ランチは3.500円(肉か魚いずれかがメイン)のコースからと意外とお手頃。
このコースの前菜。大根のスカート、中からは魚介が出て来る。


スープを追加で。ボルシチ風、見た目よりあっさりで野菜の甘味がしっかり。 


すでに満腹なのに閉めは、タピオカののったココナツミルクのブラマンジェにアイスクリーム。

目の前の一皿ごとに「わぁ〜!」と声が出てしまう、シェフ(勝又登氏)に脱帽。ロケーションといい、価格といい、スタッフのサービスも、雰囲気も堅苦しくなく、地元こだわりの食材が豊富な、ここでしか味わえない箱根フレンチに大満足。 また季節を変えて足を運びたくなるお店でした。

| ■食 〜熱海・箱根・伊豆〜 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:57 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/222
トラックバック