<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 木洩れ日 | main | そんな季節 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
パッション
パッション」という名の情熱的なフレンチレストランは、アンドレ・パッションさんのお店(代官山・ヒルサイドテラスB棟)。 









今日も美味しかった(ランチ)、しかし、このところ食べ過ぎだ。
言い訳すると、,Δ舛砲錬儀遒肪太呼の者が多い、◆嵜裕ぅ譽好肇薀鵑量ハ任離妊供璽函。横娃娃鞠版Vol.1」という最近買った本が誘惑する。 この本ったら、行ってみたくなるようによくできているんだ。
パッション、緑のエントランスを入ると、パリ(昔の)を思わせる空間。 絵画が壁面にたくさん飾られている、調度品も重みがある、暖炉があって・・・重厚感があって堅苦しそうと思いきや、雰囲気は心地よさがあって不思議と明るい。 食事を味わう所と言うよりも、社交場のような空気が流れていた。 
たぶん正統的フレンチに近い、安定感のある料理、太いホワイトアスパラ(画像では大木のように横たわっている)は美味だったし、スープも野菜が凝縮されていた、デザートもワゴンサービスあり。 添えてもらったバラの香りのアイスクリームは、そう、まさにパッション。 
何だか胃袋と体が重くなってきた。 おまけにまぶたも。。。ふぁ〜明日から運動に、ちょっと情熱注ぎましょ!
  
| ■食 〜恵比寿・中目黒・代官山〜 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:05 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/309
トラックバック