<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 青空がいっぱい | main | 秋の暮色 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
湖畔のランチ
  ちょっと前の芦ノ湖、湖畔の山のホテル 「ヴェル・ボワ」の窓からです。



美しいすすきに見とれていたら、時間が遅くなってしまった。3日続きのお蕎麦もなんだし・・・何となく入ってしまったのがここ。お天気もよいし、眺めがよさそう。


ゆっくりとランチに2時間かけている暇はなかった。で、単品にスープとプチデザートとコーヒー付きに。
これは、季節感たっぷりで嬉しい、栗のポタージュ。美味しい、けれど、栗独特の舌触りがどうなんでしょ。なめらかであってほしいポタージュとマッチしていたのでしょうか。




私が頼んだのは、五穀米のビーフカレー。カレーとご飯が別々のタイプなので・・・画像にはちょっとしかのっていませんが。
牛肉はよく煮込まれていてとろっとろ、五穀米との相性もいい。
しかし、このグリンピースはいかがなものでしょう。
センスとしては光っていません。



カレーだから、という訳ではないけれど、今回辛口なレポートです。
何と一番奥の窓際のいい席、ラッキー!と思いきや、実は蝿の吹き溜まりになっていました。蝿を追っ払いながら食べていたんですよ、ホントに、マレーシアじゃあるまいし(笑)。信じられないでしょ、アンラッキー。この日、暑かったぐらい、蝿も隅っこで遊んでいたんですね。うるさいったらない、うるさいは「五月蝿い」と書くことに、(10月というのに) 妙に納得してしまいました。

このホテルは、三菱財閥、岩崎4代目男爵の別邸を起源とするとか。雑誌「東京カレンダー」10月号には、それはそれはホテルもこのレストランも、素敵に写っていましたね。
ここだったら、好きな「オーベルジュ・オー・ミラドー」の勝又シェフのフレンチに逢いに行くんだった。。。そこまで行かなくても、湖畔にせり出した形のデザ−トレストラン「サロン・ド・テ・ロザージュ」(ただし、ランチメニューは余りない、景色は抜群)の方がまだよかったかも・・・と思いながら芦ノ湖をあとにしたのです。

そうそう、このホテルの庭は素敵でした。小さな教会があって、バラが見事に咲いた英国風? であったことを付け加えておきます。

<もーひとつ付けたし>公園の向こうからの、かすかな声のリクエストによって書きましたが・・・オイシイモノとはちょっと異なるヘンチクリンなレポートになってしまいました。それにこの日の夜は熱海で自炊、お鍋。な感じでご期待に沿えず。。。m(. .)m

| ■食 〜熱海・箱根・伊豆〜 | 18:25 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 18:25 | - | - |
コメント
うわっはっはっはっは!
マレーシアじゃあるまいし・・・ねぇ〜。
いけますね、それって!あはは。

これって、岩崎さんちだったのですか。
たまにはいいね。
こういう調子も。

| tady | 2005/10/20 11:22 PM |
無断でマレーシア使いましたよ。。。笑。
とっさに、、、マレーシアが印象的だったもので。

そう、岩崎さんちのらんち。
ありがとう!
| 55そう! | 2005/10/21 8:03 AM |
秋景色の薄の後に蝿攻撃とは!
薄は仙石原あたりでしょうか。
ご存知かもしれませんが、あそこにはナポリの薪窯で焼く「SOLO PIZZA」という店があったのに。
小笠原伯爵邸と同系列の「ALBERGO BAMBOO」も近いです。
次回はお試しください。
| 公園の向こう | 2005/10/21 3:56 PM |
イタリアンは全然頭になかった。。。とにかく思いもよらないよいお天気になったので、眺望が優先されてしまいました。
さすが、いろいろな場所にアンテナが広がっていること。
今度から出掛ける前にお聞きしよう、っと!
| 55そうか・・・ | 2005/10/21 5:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/481
トラックバック
カフェ&レストラン ロザージュ
御殿場アウトレットのカジュアルフレンチレストラン「ロザージュ」の記事を書きました。トラックバックさせてください。よろしくお願いします。
| 御殿場アウトレット@虎の巻 | 2007/04/03 3:42 PM |