<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パンチ!ハバネロ 第何弾? | main | (つづき)秋の日の・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
秋の日の・・・
       陽だまりに揺れる。



タイムスリップしたような空間で・・・
    振り子時計が時を知らせた 
    茶房の片隅
    止まっていたかのような時がまたゆっくり流れた
    日差しがとても柔らかい

 

    ・・・・・とりあえず、今日のお気に入りの一枚です・・・・・


| Kiss(EOS)とあそぼ。 | 20:01 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:01 | - | - |
コメント
ぶらぼー!
ナイスショットですね。

コメントお久しぶりで〜す。
いつも気が利きませんけどコメを送らせてください。
背当ての細木が優雅さを一段と演出しています。

この板の間の目はデザインでこんな風にしたのかなあ。。。
| ミカエル・ホタルッチ | 2005/10/27 10:13 PM |
お帰りなさいまし。
どこへ消えてしまわれたのかと心配していましたよ(笑)。
コメ、ありがとう!何はなくともコメさえあれば・・・生きていけますね。

板の間の目ですね。。。そこまでは。。。
| 55お久〜 | 2005/10/27 10:25 PM |
茶房で、ロッキングチェア?
装飾家具なんでしょうけれど、
また随分と余裕のある空間なんですね。
いったい、どんなお店?

フローリングの貼り違えのしかたは、たしかに珍しいかも。
穿った見方をすると、コスト削減厳しい折だから、
フローリング仕様のパネル加工かも。
そうすると、こんなことぐらいしか、デザイン的に遊べないのかも。
(夢のない、言い方だなぁ〜)
| tady | 2005/10/28 2:12 PM |
tadyさんの疑問にお答えすべく、今日のブログで店内の様子をご紹介してます。
夢のある、豊かな空間、温もりがあって・・・古い建物をそのまま茶房にしているからこそ、なんでしょうね。
| 55続きで・・・ | 2005/10/28 6:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック