<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おしゃれな空間でお蕎麦を | main | 「クレッソ二エール」で気軽なフレンチ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
わっ、柿どろぼう!?
    余りにも俊敏に、スパイダーマンのごとく。




彼はするすると身軽に柿の木に登った。先日植木屋さんが入ったときのこと、これは記念撮影しておかなければ・・・。そんなことな〜んにも知らない植木屋さんです。



ブログを始めて写真の撮り方がガラリと変わった。面白いのは人物に関して。
以前は、風景だけの写真、モノだけの写真なんてとても有り得ないことだった。人あっての風景、すべて人物が中心。「皆、こっち向いて!」と叫んでいたと思う。
ところが、ブログとなると、人が邪魔になってくる。風景も、料理も、邪魔しないで!と、今の私はしっしーと必死に追っ払っている。たまに人物を入れるにしても、上のようにバックスタイルだったり、足だけだったり、まるで知らない他人、カメラ目線の人物なんて今度はほとんど有り得ない話だ。

ブログじゃなかったら、「植木屋さん、ちょっとこっち向いて!」と彼を驚かすところ、今はこっそり、お願いそのままそのまま・・・それが絵になるからね。
この変化、ブロガーなら理解し合えるね、面白い。






| あれこれ思うコト | 17:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:20 | - | - |
コメント
植木屋さん、
枝が折れてドタリと落ちたりしませんでした?
柿の木はもろかったですよね。
これって説明されなきゃ、不思議な写真でしょうね。
バックライトなだけに、残ったまんまるな柿が、
木を装飾しているみたいに見えます。
トリミングも、すっかり板についていますね。^^

| tady | 2005/12/10 6:47 AM |
まーtadyさんったら、、、
そんな本物のオチはありませんでした。
不思議なくらい、体重を感じさせない。
いつもは、今にも折れそうな枝と夫をはらはら見ているけど、
さすがプロですね。
| naoko/tadyさんへ | 2005/12/10 8:05 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/545
トラックバック