<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< たまにはチャイニーズ 「ニライ」 | main | 地元の食材が溢れる 「あかじん」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
らしきものたち

「ソーキそば」(確か650円だった?)
旅行中にいろいろ食べたけれど、ここ「ポーザーおばさんの食卓」のソーキそばが印象に残る。
豚の骨付きがトロトロで骨まで食べられるくらい。




お馴染みの「サーターアンダーギー」
サーター(砂糖)、アンダー(油)、アギー(揚げる)だそう。よくみかけるものの1.5倍くらいの大きさがあった。
ナイフまで出てきたくらい。黒糖の香りが美味しい、懐かしい素朴なドーナツ。




ポーザーおばさんの食卓」は川平湾の近く。晴れた日には絶景が広がるらしい、けどこの日は生憎の天候、ちょっと残念でした。
日の出石垣市字川平1216−154




以下も沖縄らしいもの・・・
島田紳助のお店に入ってしまった、ビミョー。(お店の名前も忘れた)
石垣だから?「石焼ビビンバ」の看板(笑えない)、他にもカレーや喫茶、Tシャツ販売。




沖縄と温かいぜんざいはどうみても結びつかないが、「ぜんざい」の看板をよく見かける。


紫いもモンブラン
色がきれい、中身が凝っていて、薄いチョコレートで包まれた雪のようなお砂糖のふわふわが出てくる(画像を撮っておくんだった)。
石垣全日空ホテル&リゾートのラウンジで。





ビール党の夫、
雑酒党ワイン派?の私、ビールはのど越し分だけをいただく。
う〜ん、これは・・・爽やかなジュースのようだった。。。




ラベルとネーミングが可愛い。
キレイなネーミングの割りには、
う〜ん、これは・・・クセがあった。。。「雲の浮かぶ空」って感じ(笑)。



日本酒と言えば寒い地方、沖縄に?「日本最南端」に惹かれて注文してしまった私。
う〜ん、「黎明」ねぇ、夜明けのような澄んだ味だった、と思う。。。
沖縄と言えば、泡盛!これはキツイ、けどどこかブランデーのような。飲みすぎで〜〜ぇす!?たらーっ




| ■食 〜他・地方で〜 | 16:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:57 | - | - |
コメント
ソーキそば、650円。そうですよね。
沖縄ブームなのか、沖縄の産品をよく見かけます。
今日も、ソーキそばの乾麺を見つけたのですが、一食で500円でした。
一度食べてみたいとは思ったのですが、
この価格なら、新宿のお店にでも行って食べた方が、よっぽどマシですよね。
紫芋のモンブラン。
モスクの屋根とか、お城を連想します。
実にきれいですね。
地ビールは、あまり得意ではありません。
特徴を出そうとして、どうしてもオーバースペックになっているようです。
お酒も、だんだん詳しくなりそうですね。^^


| tady | 2006/01/05 11:16 PM |
ソーキそば、見た目よりあっさりしています。
そばと言うより、むしろうどん。
ラーメンのようにお店によってスープも麺も微妙に違います。
乾麺が500円って、、、高すぎる! 
650円は確かに安いのだけど、現地の時給が630円ぐらいだったので。。。

モンブランからモスクの連想はtadyさんらしいですね〜。
壊すの、もったいなかったけど・・・。

お酒ですね、、、ほどほどにします。

| naoko/tadyさんへ | 2006/01/06 8:49 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/576
トラックバック