<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 静かに熱く燃える町から 緊急告知! | main | 「お見送り」のつもりが・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
贅沢感と一体感の夕べ 「田辺加津子ソプラノリサイタル」
  昨日、急きょ行くことになった東京オペラシティでのソプラノリサイタル。
陶芸教室のお仲間Tさんが都合悪くなってしまったという、「田辺加津子さん ソプラノリサイタル検彗紊錣蠅膨阿に行けることに! 北風が強い寒い昨晩、ここだけは美しく温かい時間が流れました。 

















Tさんのお知り合いとか・・・
田辺加津子さんのプロフィール:武蔵野音楽大学声楽部声楽科卒業、森下真弓、金光良美、大滝雄志、磯貝靖洋の各氏に師事。ヘンゼルとグレーテル(グレーテル)、フィガロの結婚(スザンナ)、ドン・ジョパンニ(ツェルリーナ)、コシ・ファン・トゥッテ(デスピーナ)・・・・・などのレパートリーを持つ。クラシックからポピュラーまで幅広く演奏を行う一方、最近では司会にも挑戦している。また「OWSふくしの会」のメンバーとしてミュージックボランティア活動(障害者施設、病院等への訪問コンサート等)に力を注いでいる。



第1部はピアノ演奏によって、 メンデルスゾーン/恋する女の手紙・ロマンス 他  シューマン/月の夜・美しい異郷 他  R.シュトラウス/万霊節・私の眼 他
第2部は今回初めての試みという 弦楽四重奏によるもの、ヴィヴァルディ/貴女の輝かしい姿に   ヘンデル/平和の福音を説き・ああ!私の心よ 他   モーツァルト/全ての国々よ、主をたたえよ・「羊飼いの王様」より“彼女を愛そう、生涯変わらずに” 他    

穏やかで優しそうなお人柄そのものの声が会場に響き渡った。ここは大きなホールではなく、オペラシティの中にあるリサイタルホールという比較的こじんまりとした場所。なので余計に歌声が贅沢に響く。 1000分の1と100分の1(大袈裟に言うと)どちらが大きいか、その分が自分のためにあるとしたら?・・・私の中に入ってくる贅沢感はそれは違う、とても幸せな気分になった。 
ドイツ語、英語で歌われていたので全く内容は聴きながら理解できない。でもそれだけに女心を歌い上げていた田辺加津子さんの感情がストレートに響くのかも。
また、進行と解説をなさっていた素敵なおじ様?磯貝靖洋さんがうまく彼女を引き立てていたと思う。穏やかで楽しい会話が印象的だった。

アンコールの拍手が沸いた。「野なかの薔薇」(原題は??)、最後の一曲は「ふるさと」(うさぎ追いし・・・)これを会場のみんなで一緒に歌う。参加まででき、一体感を最後まで味わうことができた温かいリサイタルだった。(Tさん、ありがとうございました。)




東京オペラシティ自体、とても贅沢な造りだ



温まった心で外に出ると、、、一度はあんなに暖かい日があったというのに、また真冬に逆戻り。冷たい風が残酷なほど吹き荒れていました。


| 陶芸外の美術展、個展・映画・音楽 | 17:44 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:44 | - | - |
コメント
昨年、東京オペラシティでモーツァルトの「魔笛」<二期会>を観賞しました。夜の女王のアリアは、素晴らしくて歌い手冥利につきるのだろうなぁ、と思いました。
オペラシティや東京文化では、ロビーでシャンパンやワインが飲めるじゃないですかぁ、これが正しいオペラの楽しみ方なのかぁ・・・と隅っこでコーヒーを飲みながら、ついでに人間観察も怠らずに楽しんできます^^

| okuman | 2006/02/18 10:49 PM |
オープンしたてに行きましたが、その後ぜんぜ〜んです。
はずしたコメントになるのですが、
プロコルハルムの「青い影」。
とっても良い曲で、僕には青春の曲なんですが、
訳詞を読んでびっくり。
プログレッシブ・ロックって、こんなへんな内容の詩なんだと驚かされました。
逆に和訳を見て、こんなステキな詩なんだと、
感動することもあります。
おもしろいことです。
はずしてすみません(^^;
| tady | 2006/02/19 2:30 AM |
私、初めて東京オペラシティに行ったんです!
外からはすごい建物だと思っていたけど・・・こういう世界があっただなんて。。。
いろいろな楽しみ方があっていいのでしょうねぇ。
私は、ただただ歌声に酔ってしまいましたが。
コーヒー飲みながら人間観察っていうのも、okumanさんらしいなー。

| naoko/okumanさんへ | 2006/02/19 9:17 AM |
(我が愛PCが老朽化、時々息切れします、復旧。コメントが消えちゃった。。。なんて書いたのだっけ)

いえいえ、私こそいつもオチャラケのコメですから。。。

私は初めてここに行きました〜。
歌詞を知らない・・・
歌詞を知って・・・
両方ともいいことも、そうじゃないことも起こりそうですね。
tadyさんの「青春の曲」が、、、それはビックリでしたね。

私は、題名と簡単な解説で勝手に歌詞を想像して浸っていました。歌詞は知らない方がいいかも。。。
| naoko/tadyさんへ | 2006/02/19 9:40 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/633
トラックバック