<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お江戸 de フレンチ 「シグネチャー」 | main | 菜の花畑でつかまえて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
自作自演 「春のおとずれ」
      揚げ出し豆腐にも春が来た!?




主演:何の変哲もない寒がりの豆腐チャン
助演:華やかな美人従姉妹? 菜の花と桜の花びら

普通に揚げ出し豆腐を作る(水気をよく切ってね)。彩りは菜の花、早くも桜がちらほら。。。(せっかく作ったのだからと)ちょっと花びらを散らし過ぎてしまう。
アツアツの上に薄いだし汁を注ぐ(撮影のため、少しだけかけます)。




自作の舞台で。


花びらは人参で。



途中で気づいた! 花びらはキッチンバサミを使うと簡単で効率がよいってことに。最初不器用な包丁使い、先で形を切り抜いていたのです。。。花びらは多めに作ったので、軽く茹でた残りは冷凍する。切った半端なくずも捨てないで!ひじきの煮物に使うことに。

ほんのちょっとのことで、「いつもの」が全く違ったものに見えます、春気分。演出にも工夫やアイデアが必要なのね。
                            ・・・幕・・・



| ■食 〜家メシ〜 | 18:51 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:51 | - | - |
コメント
>ほんのちょっとのことで、「いつもの」が全く違ったものに見えます、春気分。演出にも工夫やアイデアが必要なのね。

素晴らしい。呉須が淡く染められて品のいい器です。
自作自演だなんてちょっぴり謙遜かな?
染付けは地味ではあるのですが料理を際立てますね。
今度機会があったらオーソドックスな染付画にもチャレンジしてみてください。古伊万里のような皿とかね。
| tarutaru | 2006/02/21 10:14 PM |
これは使い勝手がよくて重宝しています。
お料理をそれなりに見せてくれるし、深さもあるので汁ものもOK。
焼きあがった器、その時には「ん?」と思っても使ううちにどんどん好きになって、よくなっていくものもあるんです。
どこまでも楽しみが続いていく・・・ので、陶芸ってやめられない・・・!?
| naoko/tarutaruさんへ | 2006/02/21 11:44 PM |
わぁ、春ですね!きれいです。
彩りも、栄養もGoodです。
器も自作なんて!すご〜い!!

| okuman | 2006/02/22 12:03 AM |
自分の作った器で料理を食す。
これこそ醍醐味なんでしょうね。
naokoさんの食器棚。
どんな大きさなのかなぁ〜。
もう、かなりの数の「食器」たちが、妍を競っているのでしょうね。

いままでは、食器を食器として見ていたようなのですが、
最近料理をするようになって、
料理が盛り付けられた状態で始めて食器なのだなと、思うようになりました。
食器と料理の関係は、意外に難しいものですね。
絵柄の強い食器は、なかなか料理が映えません。
って、ロクな料理も作ってないのですが、あはは。

切りとったくずも、やっぱり他で使うんですね。
いつも、もったいないなぁ〜、と思っていました。^^
型抜きした花びらは奥さんに、くずは自分で食べてました。
それじゃ〜ねぇ〜。あはは。
| tady | 2006/02/22 2:16 AM |
okumanさん、
まさに食卓に花が咲きました〜。
栄養か、、、あまり考えてもなかったぁ。。。
(余談、愚息は「栄養にええよ〜」って言うのです。血を引いている?!笑)
| naoko/okumanさんへ | 2006/02/22 9:19 AM |
tadyさん、
食器棚でたくさんの食器が眠っています。
よく見たら、棚板がしなっていました。。。

そう、使われてこそ食器ですよね。
食器の主張が強くてもダメ、見ているだけの食器というのも美味しくはないし・・・器を作る時のまた難しいところにもなります。

tadyさんの新米さんとは思えないお料理も楽しそう、美味しそう。

花びらよりくずが多いくらい。。。だとやっぱり捨てられません。
| naoko/tadyさんへ | 2006/02/22 9:26 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/636
トラックバック