<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 真面目に日本茶を! 「おちゃらか」 | main | 「次は目白〜、メジロ〜」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
花はまだ・・・されど
               一足お先に花より団子状態ですたらーっ

 

ご飯にコロッケじゃないんです。

吉祥寺中道通り「おちゃらか」さんに直行はかなり困難。入り口に近いLUSHの香りの誘惑から始まる。
「つるかめ」?おでん炭火焼とある、へ〜面白そう・・・その先にあって人が群がっていたのが「一響屋」(いちひびきや)さん。帰りに寄ってみよう。


一響屋のおぼろ豆腐と
おからのアンダギー


おぼろ豆腐の大豆は愛媛県産丸大豆ふくゆたかを100%使用、それに鹿児島県十島村宝島の天然海水のにがり。ほのかな甘みと濃厚なこく、大豆の香りと柔らかな食感、そのままでもいけるが藻塩をかけていただいた。
目をつぶって食べると・・・
クリーム?スウィーツのようであり、フォアグラのようであり、白子のようであり、、、すごい豆腐だった。こちらの豆腐は一流料亭にも卸すものだそう、アンテナショップとして様々なアレンジを提案している。数種の豆腐アイスクリーム、豆腐入りのトムヤムスープ・・・など、狭いけどイートインもできる。
おぼろ豆腐の1パック(小)が500円。これって高いけれど、フォアグラと思えるほどの贅沢感を味わえれば安いか〜、、、と思うことにした。

おからアンダギー(1個100円)も、とてもおからとは思えない。カロリーも低そうだし、食物繊維もたっぷりだろう。気づくと手が伸びて2個目がすでに口の中だ。危っない、いくら低カロリーでも数を食べればね。。。

吉祥寺の町って(青山とか銀座とかとは異なる)生活に根づいた誘惑がたくさんあって、ホントっ面白いの!


 鉛筆 一響屋 武蔵野市吉祥寺本町 2−26−2  0422−29−7882

| ■食 | 17:50 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:50 | - | - |
コメント
誘惑が多くて、途中下車しちゃうんですね。^^
店名ひとつとっても、こだわりと工夫が感じられます。
豆腐アイスクリームおいしいですよね。
でも、トムヤムスープは、未体験。
辛さに対して、けっこういけるような気がします。
おからアンダギー。
ほんとに低カロリーなんですか?
半分は、黒砂糖でしょ。
あはは。

| tady | 2006/03/09 8:47 PM |
毎度tadyさんにはお見通しですわ、ついついぶらり途中下車しちゃうんです。せっかくだから、と欲張ってしまいます。

トムヤムスープは、きっとtadyさんお好きだと思いますよ。
少し酸味もあり甘味もあり、もちろん辛味がNo.1でね。
この三位(味)一体の不思議なスープです。
これにはスパイス、レモングラスが欠かせません。

おからの、あはは、それを言われちゃうとぉ。。。たぶん。。。低いと。。。
信じる者こそ救われるってぇ〜!?
| naoko/tadyさんへ | 2006/03/09 11:12 PM |
お豆腐は最近食べられるようになったものの1つです。
子供の頃は嫌いだった物が、食べられるようになり、更に好きになる。
そんな物がいくつかあります、お蕎麦、ふき、そしてお豆腐です。
好きになってみると、今までどうして嫌いだったのか忘れてしまいます。
勝手なものですよね。白子はいまだに×。
| okuman | 2006/03/10 12:05 AM |
ありますね〜、そういうものって。
ふき、うど、たけのこ、菜の花、、苦味とか えぐみ?って子供の頃には理解できなかったけど。

お豆腐がだめだったと言うのは意外です。
okumanさんで人体実験したいな〜、
ここの豆腐がどれだけ白子に近いか、って実験を(笑)。
| naoko/okumanさんへ | 2006/03/10 8:50 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/652
トラックバック