<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 大人のカフェタイム | main | ある日のランチ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
セレブーデビュー?はソメイヨシノ色
昨夜は自分の中ではちょっとばかり意味のあるコンサートに出掛けた。

それは、自らの意思で聴きに行こう!と思いたったものではなかったこと。某会社の主催により夫婦同伴で招待されたものだったから。




しかも、開演前には軽食の小パーティーがあり、周りはすごい方々だからと夫にしっかり脅かされていた。このような席は初めてに近いのでビクビク、かなり緊張しながら出掛ける。

とは言え、大町陽一郎氏指揮、東京フィルハーモニー交響楽団によるオーケストラは魅力的!場所も東京オペラシティ コンサートホール。

シャンパンをいただき、ワインをいただき・・・いつもの私がすぐに戻ってきた(笑)。余りにも招待客が多いので、これでは知り合いを見つけるのも大変。いつしか、私はご夫人方のウォッチング、
わーエルメスが歩いてる、シャネルが、、、
まぁーデカイ宝石だこと、
あ、あの服いいなぁ、、、

・・・ 開演の時間です。
エルガー 行進曲「威風堂々」第1番
パッヘルベル 「カノン」
アルビノーニ 「アダージョ」
マスネ 歌劇「タイス」から瞑想曲
J.S.バッハ 「G線上のアリア」  などなど
最後は ドヴォルザーク 交響曲第9番 ホ短調作品95「新世界より」

どれも耳に慣れた美しい曲ばかり。心地よいし、アルコールも程よく入っているしで、ウトウトしかける。いっけなーい、
でもここのコンサートホールの椅子は、はっきり言って座り心地がイマイチ。

タイスの瞑想曲では、村越麻希子さんのヴァイオリン、ソロが聴けた。指揮者大町氏も素晴らしかった。貫禄があり、穏やかな温かい雰囲気が漂う。
堅苦しくない、心地よいコンサートだった。このホールの立派な造りにも驚き。やっぱり生の音楽は全身に響き渡ってくる、豊かな時間だった。



私が一番オメカシしたのは・・・
爪でした。
自爪をソメイヨシノ色(と信じている)にしたのです。



| 陶芸外の美術展、個展・映画・音楽 | 17:13 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:13 | - | - |
コメント
へぇ〜、コンサートですか。
okumanさんと、ぴったり息があいそうですね。
およそ、音楽には縁遠い。
ましてクラシックなんて!
レコードなて、とっくに処分しちゃったし。
さくら色ではなくて、
こだわりのソメイヨシノ色なんですね。
以前に、夕陽の写真で、オレンジ色と書いたら、
いいえこれは、あくまでも「柿色」ですと言われたのを覚えていますよ。あはは。
| tady | 2006/04/13 5:47 PM |
いいな、いいなぁ。演目が好きな曲が多いです。
東京オペラシティ コンサートホールは、本当に素敵ですよね。昨年オペラ鑑賞に行った時、やはりシャンパンをロビーで頂いている方を見て、こういう楽しみ方をするのかぁ、と。
家族で来ている方々も多くて、思わず料金計算してしまう、庶民なのでした^^;

おしゃれの基本は、やはりこだわりですね。
私も一時、白に近いピンクのリップとマニキュアをセットで使っていたら、母から「病気っぽい」と言われ、かなりショックを受けた事があります。
| okuman | 2006/04/13 10:29 PM |
あら〜「柿色」、失礼なことを。。。
そう言えば言っていましたね。
tadyさんの記憶力ってぇー!!
今回も譲れません(笑)。
ソメイヨシノ色!輝く白っぽさは。

あー、でも、これはお忘れですね。
聖子ちゃんのステージがあった花火大会のこと、
サザンのチケットが取れなくて泣いていたこと、、、
クラシックは嫌いじゃないけど、自腹を切って聴きに行きませんね。
レコードね、まだありますが聴く手だてがありません。やはり処分するしかないのでしょうか。



| naoko/tadyさんへ | 2006/04/13 10:38 PM |
わりと万人向けの内容でしたね。(ホッ)
ホールは木で溢れたつくりで、音響的にも考えられたものなのでしょうね。
反響するでもなく、吸収するでもない、いい具合の響き方をしますね。

こだわりだらけはやりすぎですけど、
何かに、どこかにこだわるのが好きです。
「病気っぽい」ですか、、、
うん確かに、言われたら本当に病気になってしまいそうね!?
| naoko/okumanさんへ | 2006/04/13 10:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/694
トラックバック