<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 季節の往来 | main | 癒しグッズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ぶらりお蕎麦屋さん
254号沿い松本へ向かう途中だった。そろそろお腹が空いてきたね。

しかし、下調べもせずにいたし、走る道には目ぼしいお店もない、困った・・・
そこへ私の目に飛び込んできた、お蕎麦屋さんの看板。良さそうな、とちょっと勘も働く。
「あ、あった〜」と私。が、車は急に止まれない。そう言っている間にもぐんぐん前に進んでいく。
「え?戻るの?」(ドライバーはUターンする価値があるのかと言いたげ)どうしてドライバーって戻るのを嫌がるのか、とペーパーな助手席は思う。
「確かだから!」と、引き返すことになった。
これで不味かったらどうしよう・・・だけどお腹空いちゃったし。





普通の家のような玄関を開ける。
「手打百芸 奈賀井」






中は古い民家を改造したような造りだった。雰囲気はなかなかよいと全員一致。手前が洋風で趣のあるテーブル席、奥が畳の席になっていた。
畳の方に上がる。
蕎麦打ち部屋も、今までどこで見たものより広い。





「おお西流十割蕎麦」とあった。上田市柳町の「おお西」大西利光氏考案の打ち方によるのだそう。
3年かけて開発されたというお店のお薦め「発芽そば切り」にした。
高級感ある塗りものの高さがある器に盛られている。発芽させた蕎麦の実100%のお蕎麦。
香りも甘みも濃いお蕎麦の味が広がった。かと言って荒々しいお蕎麦でもなく、美味しい、これはすごい。(ほっ)



春の香りが豊かな山菜の天ぷらもからりと揚がっている、さくさくと美味。
ふきのとう、こごみ、たらの芽。







蕎麦つゆ入れがユニークだった。まるで花器のような器にたっぷりと。
蕎麦湯がこれまた濃厚でおもゆのよう、これも美味しい。

大満足で外に出る。タイミングもとてもよかった。入った時はがらすきだった駐車場が満杯に近い。
いよいよこれから松本〜扉へ、引き返して本当によかったと思えたお蕎麦屋さんに出逢えた。


鉛筆 「奈賀井」 長野県上田市西内725−1
       0268−45−3088
| ■食 〜他・地方で〜 | 22:28 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:28 | - | - |
コメント
こんなクラシカルなお蕎麦屋さんをやって、
誰かさんのように自分で焼き物つくることまでできたら、
さぞ、うれしいだろうな。^^
なんて、あくまでも想像ですが、思うこともあります。
| tady | 2006/05/14 11:20 AM |
蕎麦通が美味しい!という、その発芽そばっていうの、食べてみたいです・・・

でも、naokoさんって、鼻が利くんだね、
引き返してまで入って・・・、美味しくてよかったね!さすが!!!

蕎麦つゆの器も、変わってるね。

ドライバーにとって、引き返すのは、時間と燃料の無駄遣いのような気がして。まっ、uターンするのも大変なとき、あるしね。面倒なんですね。



| pooh | 2006/05/14 4:47 PM |
お〜素敵な想像です。
お蕎麦屋さん、いいですね〜
(でも誰かさんて?)
tadyさんも作りましょう!
教室、この頃寂しいのです・・・是非入会を。
ホタルッチ先生も大歓迎ですよ〜。
(笑)
| naoko/tadyさんへ | 2006/05/14 10:53 PM |
発芽米だって、栄養的にも味的にも何だか凝縮されてる気がするでしょ?
お蕎麦もそんな感じだったのです。

鼻は利かないのだけど、目がいいのかな〜。
特に遠くの文字、バッチリ!なので。(笑)

時間と燃料ね、、、
ま、道の状況にもよりますわね。
でも、ここは田舎だから全然問題なかったはず。
| naoko/poohさんへ | 2006/05/14 11:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/730
トラックバック