<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Seven Years ago | main | 夏の風物詩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
南へ、ドラマティックに!
南へ参りましょう!
ちょっと南、荻窪からです。




私の目、ブルーなのぉ!??
変なものを写しました・・・







↑オシャレに壁に空き瓶が何本か埋まっていました。
ちょうどその壁際の一番いい席(私には)、覗きたくなってしまうんですよね。で、KISSを通して瓶底を覗いてます。

その壁には丸窓があって、入ったすぐの厨房も丸い窓の向こう側。
船をイメージしているのかと思える窓です。
店内も飾り気が全くなくて素の壁のまま、シックな空間でした。
ここにオペラが流れている。「リストランテ ドラマティコ」





初めてのお店なので冒険はできないし・・・
ランチは1000円のパスタランチから。二番目の前菜・手打ちパスタ・飲み物の1800円のコースにしました。
ドルチェがないのが気になりましたが、ドルチェがつく次のコースが3000円、しかもこのパスタというのが手打ちではなかったので。






本日の前菜は、バーニャカウダー。
種類豊富な野菜、盛り付けも色鮮やか、上に乗ったつくしのような野菜は一体何だったのか・・・聞き忘れてしまう。
アンチョビのソースが野菜を引き立てていて美しい一品。




(手打ちパスタ5種からチョイス)
これは素晴らしかった「キタッラ 渡りガニのトマトソース」
渡りガニの香りがお皿が近づいた時点でただよう。
四角いパスタ、キタッラにからんだ渡りガニの甘みと香りがとても美味しい。




こちらはクリームソースのトルテリーニ、中に詰められた肉(子牛?)とクリームソースと緑の野菜がいいバランスに見えた。
一ついただき、これも美味しい。




すべて食器はジノリだったと思う。
実は「陽気なイタリアン」が好みなのだけど、ここは落ち着いた雰囲気の大人のイタリアン。
お店も住宅の中にある。
オーナーでシェフの原岡孝治さん(ソムリエでもある)とたぶん奥様、が物静かな雰囲気の方、そのままお店の空気になっていました。
他にも厨房に二人、若きシェフが見えたと思う、イケメンだったと思うのです。。。
原岡氏は少し変わった経歴のようです。京都の大学を出て就職して、あのアルポルトの片岡シェフに影響され30歳で料理人となったとか。
渋さが素敵なオジサマ、奥様もイタリアンと言うより和服が似合いそうな感じ。








うちをちょっと南へ行ったイタリアは、
24席ほどのこじんまりと落ち着いたイタリア。オペラと共に美味しい時間がゆっくりと流れました。

鉛筆 リストランテ Drammatico(ドラマティコ)
     杉並区南荻窪4−43−9  03−3333−1377


| ■食 〜お店・杉並区〜 | 17:46 | comments(11) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:46 | - | - |
コメント
おいしそうです。どれもすごく
おいしそう^^その中でも手打ちパスタ
すごくおいしそうです。
♪オペラが流れてるのですか?
優雅なランチですねー!!^^
| 妖精です。 | 2006/06/21 8:51 PM |
「キタッラ」って、初めて聞いた言葉なので調べました。
へぇ〜、ギターのことだったんですねぇ〜。
しかも、断面が長方形とかで、
くちの中でごろごろする感触がいいとか。
渡りのトマトソースは、おいしいですね。
なんたってあの香りが、断然刺激的ですね。^^
| tady | 2006/06/21 10:46 PM |
渡りがにのトマトソースは、とてもおいしそうですね。見たことないお野菜が!
イタリアがお側に・・・羨ましいです。
Naokoさん、中華が弱点だったとは!
| okuman | 2006/06/21 10:52 PM |
いけない。
まぁ、ちょいと言い忘れ。
最初の写真でおもしろいと思ったこと。
実は、色付グラスのゴブレットかと思いました。
ということは、水の入ったグラスの内側、つまりネガティブに見ていると思い込んだのです。
ところが実際は、ミネラルウォーターの空き瓶。
瓶の外側、ポジティブを見ていたわけです。
凹と凸がさかさま。
あはは、そんなことがおもしろいと思ったわけです。
だからなんだって?それだけぇ〜(^^;
| tady | 2006/06/21 10:52 PM |
しつこく・・・
今、書き込みにひどく時間がかかって待たされた。
okumanさんとぶつかったんですね。あはは。
| tady | 2006/06/21 10:54 PM |
妖精です。さん、ブルゴーニュまで匂いが届きましたか?
手打ちパスタって、ソースのからみ具合がとても美味しいです。
オペラはそう大きな音ではないですが、バックにかかっていました。
これだけでも気分が違いますね。
| naoko/妖精です。さんへ | 2006/06/21 10:59 PM |
tadyさん、調べましたね〜。
そうなんです、ギターだって。
口の中でゴロゴロは余り感じなかったけど、、、
渡りガニの方に神経がいっちゃっていたかも(笑)。
そうそう、なんていい香りなのでしょうね!
どんな香水よりも、は言い過ぎですか?!

忘れ物、取りにいらした?
だから、私の目ですって!(笑)
tadyさんの面白いと思ったことって、
面白いですね〜。(って変な表現)
面白い方ですね。(って今更ですが)
要するにポジティブにいきましょうってことです。(笑)

| naoko/tadyさんへ | 2006/06/21 11:07 PM |
okumanさんをお助けできなくて。。。ぐすん。
チャイナはイタリアよりフランスより近いって言うのに。
台湾で死ぬほど食べ歩いてから、敬遠するようになってしまいました。

渡りガニは・・・5種類パスタがあったって、10種類あったって、絶対これを選ぶだろうな、
美味しいもの〜。

| naoko/okumanさんへ | 2006/06/21 11:11 PM |
ご丁寧に、婉曲な言い回しをありがとうございます。^^
早く言えば、「ヘンなヤツ」ですね。だはは。
| tady | 2006/06/22 6:20 PM |
すっごくおいしそう!教えていただいてありがとうございます。今度ぜひ行ってみます。
つくしのような野菜気になったので調べてみたら、アスパラ・ソヴァージュ(野生のアスパラ!?)という野菜だそうです。
| le27octobre | 2006/06/22 11:28 PM |
それはそれは・・・お調べいただきありがとう!
アスパラ・ソヴァージュ、何だか名前も素敵ね、
ソヴァージュって髪型がいっとき流行りましたね。つくしにしては、色も違うし苦味もなかったから、不思議に思っていました。
あースッキリしました!

是非一度いらしてみてください。
| naoko/le27octobreさんへ | 2006/06/23 9:19 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/781
トラックバック