<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< グッドチャンスな2枚 | main | 三役揃い踏み 南楽食事編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
面白い宿だった 「下賀茂温泉 南楽」
思い立ったのが二日前・・・
嵯峨沢館(嵯峨沢温泉)、伊古奈(下賀茂温泉)はもちろん取れるわけがなく、運よく空き室のあった「南楽」に。
下田を越え伊豆半島の南端に近い下賀茂温泉。






面白いというのは、ちょっとアミューズメントパーク的なところがあったこと。あの大江戸温泉のような雰囲気がした(これじゃわかる人にしかわからないけど)。
民家ふうな造り、玄関を入ると迷路のように仕切られた小部屋のよう、とても入り組んでいる。所狭しと果実酒の瓶が置かれていたり、作家モノの器が置かれていたり(売り物)、かまどあり・・・。
懐かしい風景にそこここで出会う。
パンフレットによれば「田舎の湯宿」だそうだから。
















この竈も1階の人が通る所にある。客の割り箸もここで燃やされ美味しいご飯になって提供される。
土間では夜に餅つきの時間も。







お風呂はかなり充実していた。
一番大きな「甚平衛の湯」は内風呂の他に露天が3つ。石造りの露天、檜の露天、陶芸(6つの甕)の露天。
うれしいのは女性が優遇されていたこと。翌早朝に男性と入れ替わる。
その露天が広い敷地に配されていて、着いてすぐここに行った私はこの広いお風呂を貸切、露天に行くのに外を裸で歩いていいのかと躊躇うほどだった。

はじめ男性用になっていた大風呂は宮の湯。他に貸切露天が10ある。これらは予約も必要なく、空いていれば入れるというシステム。10の貸切のうち広めなのは2つぐらい、あとはこちょこちょとした感じで、大きなお風呂をタイミングよく貸切できた私には全く魅力がなかった。

足湯もある「足長おじさんの足湯」↓






これがずらり並んだ貸切露天風呂。




それに、エステとマッサージも完備されていた。(らくらく庵)
30分の首・肩のマッサージを受けた。お風呂上り、あ〜気持ちいいとうとうとしかけると、もうタイムアップに。
ここの女性スタッフ2名がすらりとした、モデルさんのような・・・飛び切りの美人さん。(飛び切りを付けるなんて滅多にないことです。って男性客も可なのか。。。)
どこかですれ違った息子も、この温泉には不似合いな洋風な美人がいた、と報告したくらいわーい







私たちの泊まった部屋は・・・


囲炉裏のある露天付きの部屋。(39室あるうち露天つきは24室)







一段高くなったのれんの部屋に囲炉裏がある。
新しい感覚で古い雰囲気がデザインされている。
まるでお蕎麦屋さんのような部屋だった、お蕎麦屋さんに泊まったらこんな感じかなぁ・・・なんて思うのは私ぐらいね。





部屋の甕のお風呂(ここも温泉)。
6階だったので見晴らしがよかった、眼下には青野川。
けど結局、ここを使ったの夫だけだった。



お風呂は素晴らしい。湯量も豊富、泉質も体に優しい。
1階の迷路のような造りは、(好みの問題ですが)何だか勿体無い。余りにもいろいろなものがありすぎて落ち着かない感じがしたのは私だけだろうか。ゆったり広いエントランスの方が豪華にも感じられると思う。
第一、迷子にならなくて済むのに。(そう、何度もウロウロ迷った)

お料理は海の利を活かした素材が豪華でした。これはまた明日!


温泉花のもてなし 南楽(なんらく)  静岡県賀茂郡南伊豆下賀茂130−1
              0588−62−0171

| 都会を離れて〜宿〜 | 16:48 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:48 | - | - |
コメント
すごい大作のレポートになりましたね。(^^;
かなり、お気に召したのですね。
古くからの旅館ではなく、非常にコンセプチャルな新しい旅館なのでしょうか。
「田舎の湯宿」にそった、いろいろな工夫と装飾がされているようですね。
自在鈎の写真には、ちょっとびっくり。
さすがに、囲炉裏が切られていたわけではなさそうですね。^^
見もせず、調べもせずに言ってはいけないのですが、
昔の古びた、さざれた宿なのではなく、
あちこち、あれこれを、真新しいもので表現し、
清潔な環境で、昔ながらの良さを味わっていただこうというもののようです。
これは、とても居心地がよさそうです。


| tady | 2006/06/26 6:28 PM |
捨てたくない写真がごっそりだったので、だらだらと長レポートになってしまいました。
写真スポットがたくさん!

昔ながらのよさを新しい感覚で・・・ってご指摘どおりです。
ただ、あれもこれもな感じがあって、
どちらかと言うと生活の匂いがプンプンしてしまうの。
私のお気に入りとはちょっと違うんです。
面白い(って言葉が変ですけど)、今までに行ったことのないスタイル。
だけど、また行きたい!という気にならない、
ここが重要ポイントだと思うのですが。。。
それぞれ客の好みって違いますから難しいですよね。
| naoko/tadyさんへ | 2006/06/26 11:24 PM |
貸切露天風呂ってかなり贅沢ですよね。
昨夜は私も温泉の日でした。
温泉に入って来ると、眠くて、眠くて昨夜の内にコメント入れられませんでした。
ぐっすり熟睡、すっきりお目覚めです!
それにしても、楽しそうですね。
| okuman | 2006/06/27 5:58 AM |
な〜んだ。
写真がいっぱいだから、お気に入りなのかと思った。
だから、気をつかってコメントしたのにぃ〜^^
ですよね。
これじゃぁ、まるでデザイナーズ旅館。
演出色が強くて、ちょっと鼻につきます。
◆こんなコメント。いきなりは、絶対かけないでしょ。すんませ〜ん(^^;
| tady | 2006/06/27 6:34 AM |
そうでしたね、okumanさんの温泉月曜日!
週一はうらやましいな〜。
そうそう、体の芯まで温まって疲れがとれる感じ。
楽しい宿でしたよ。
tadyさんにはお気を遣わせてしまいましたが。。。
| naoko/okumanさんへ | 2006/06/27 8:41 AM |
あれれ、コメントがどこかへ??
やり直し。(ここまで独り言)

あはは、
tadyさん、婉曲にコメント、気を遣っていただきすみませんでした。
写真とお気に入りは必ずしも比例しないってことですね。
私の趣味と思われたことはちょっぴりショックでした。
でも、いろいろなお店など見ているtadyさんと、やはり感じ方が一緒なので安心しました。
| naoko/tadyさんへ | 2006/06/27 8:52 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/787
トラックバック