<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ぶらり途中下車  船丱襯札蹈福 | main | 雨降りの地元ランチで・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ぶらり途中下車◆ 船侫薀鵐后
新井薬師前駅からpapabubbleへの道で見つけました。
フランス田舎料理とうまい酒と銘打つ「Meri Mero」、
バルセロナの後で立ち寄ったのは新井薬師のフランスです。




「うまい酒」というだけあって小さなお店の割にはワインが充実していそうだった。それになぜか日本酒も置いてあります。
だから「うまいワイン」ではなく「うまい酒」だったわけね。




ランチは2種。失敗してもいいように(失礼)ワンプレートのランチ900円にする。
(もう一つは、前菜の量がたぶん多く、スープが付き、主菜・デザートがそれぞれ2種から選べるというもの、1,300円。)





ワンプレートなので一枚のお皿だとばかり思っていた。お皿は一枚ではなく、トレイが一枚でした。。。
前菜は少しずつ3種が、ローストポーク、野菜のテリーヌ、ピクルス。



それに国内産小麦100%のパンと、特製バター。


カウンターを合わせ20人入れるかどうかのこじんまりしたこのお店のランチは、シェフがお一人でレジもサービスも、もちろん料理もとこなしている。
人が一杯になったときは大変そうだけど、入ったタイミングがよかったのでスムーズに提供された。





メインの鶏もものヴァプール、オニオンクリームソース。男性には少し物足りない量かもと思えたけど、私にはほどよい量で味も思った以上に上品で美味しい。
添えられたご飯のスパイスがアクセントで効いていてお肉とのバランスがよかった。



これは大きな口を開ければ一口でも行けちゃいそうだったけど、あるのとないのでは大違い!
ドライフルーツとアーモンドのしっとりとしたケーキ。

一番のびっくりは・・・この珈琲カップの大きさが半端じゃなかったこと。
通常この値段で出されるランチの3倍くらいはありそう。



田舎料理とあったので、もっと荒っぽい料理かと思いきや上品。900円の支払いではちょっと申し訳ないなと思う内容でした。

寡黙そうなシェフが一人でせっせとこなすこのお店(ランチ時)は、落ち着いた雰囲気です。
料理にもやさしい温かさがあります。
寡黙そうに思えたシェフと帰り際に会話を交わすと、ちょっと印象とは違うやさしい笑顔が返ってきました。
話によるとpapabubbleのお店の方がここMeri Meroをすすめするらしく、papabubble帰りの方が結構いるようでした。私もこの一人に間違えられましたけど。(papabubble帰りは当たり〜)





・・・というわけで、バルセロナのキャンディー屋さんの後は、フランスの田舎へぶらり立ち寄るのはいかがでしょう。



naokoのぶらり途中下車、西武新宿線新井薬師前駅で見つけたバルセロナとフランスでした。。。


  鉛筆 Meri Mero   中野区上高田2−54−8
             03−3387−5772

| ■食 〜他・都内〜 | 18:16 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:16 | - | - |
コメント
日本酒があるというのは、おもしろいですね。
どんな日本酒をセレクトしているのでしょう?
ランチとはいえ、たった一人で切り回しているのですか。
そのためには、下処理はもちろん、スタンバイにも充分時間をかけているのでしょうね。
すばらしい。
常人には、できない相談です。^^
| tady | 2006/07/04 6:52 PM |
どんな日本酒?
え〜〜っと、
ラベルとボトルで日本酒ってわかっただけで・・・
銘柄は詳しくないので頭に入っていません。
だけど、ポピュラーなものではないものが多かったいうな。。。

一人って驚きですよね、
私も信じられなくて、「お一人で?」って確かめてしまったくらいです。
「ランチは」ということです。
それが、焦る様子もなく淡々とお仕事をこなしている感じ、いい時間の流れ方でした。
| naoko/tadyさんへ | 2006/07/04 11:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/800
トラックバック