<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< オシャレに田舎を! | main | クール宅配便で〜す。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
バラキ湖203号室
バラキ湖をご存知の方はそう滅多にいないだろう。
茨城にあるわけでもなく、
何だか事件が起こりそうな湖である!?・・・








群馬県嬬恋村バラキ高原にその宿はあった。。。




「Lapin(ラパン)」別館森の月。辺鄙な場所だけあって内容の割りに宿泊料が安く、これが伊豆高原にあれば絶対予約の取りにくい宿になっているだろう。

隠れる必要もなかったけど(笑)・・・
隠れ家的な森のホテル。
とてもいい時間が流れていたと思う。




ロビーで・・・





ロッジ風なロビーは吹き抜け、暖炉があって調度品もアンティークなものが多い。




ここが素敵な空間だった・・・



談話室
ゆったりとくつろげる空間、コーヒーや紅茶がいつでもいただけるサービス、蔵書も数多くありクラシックが流れる。




緑の中に白樺の白、
美しい。
時間を忘れてしまう。
何より、
あの東京の暑さをすっかり忘れてしまった。





こちらもロフト風になっている暖炉室の一部。


203号室・・・





モダンな和、半露天風呂、ダイニング付き。
部屋にあるお風呂はどうも好きになれない私も、ここは入りたくなるお風呂だった。ひのき風呂(循環式だったが)、お風呂の奥にベランダ、チェアが用意されている。ここにフクロウの照明が置かれていた。







お風呂上りに浴衣のままダイニングでフレンチ、こんな贅沢もない。


また訪れたいとも思った、
それにこの部屋のセンス、細かいところにまで光っていた。

万が一、次に家を造ることがあったら・・・
部屋はこんなデザインがいいなぁ。
「嬬恋」と言えばキャベツしか思い浮かばなかったけれど、
そんな夢を見させてくれた。
・・・バラキ湖203号室。






鉛筆 Lapin (ラパン)森の月 
群馬県嬬恋郡嬬恋村バラキ高原2401
   0279−96−1122

| 都会を離れて〜宿〜 | 18:41 | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:41 | - | - |
コメント
naokoさん、こんばんは〜♪
なかなかゆっくり出来そうな、いい宿ですね。
2枚目のふくろうが、とてもメルヘンチックに撮れてますね。
わたしは海を見ながらゆっくりするのが好きなんですが、この宿をみて高原もまた好いなと思ったりしました。
嬬恋にはもう20年以上行ってません。
青春の思い出の一コマです。。。
| Mahalo | 2006/07/21 11:40 PM |
素敵ですね〜。
行ってみたいです。
| kiko | 2006/07/22 9:30 AM |
ふくろうのランプがおもしろい。
床につくられる光の模様がおもしろくて、
ハロウィンを思い起こしました。
昔は、ハロウィンまでやってましたからね。^^
| tady | 2006/07/22 10:00 AM |
Mahaloさん、こんにちは。
梅雨はまだまだ続きそうですね〜(溜息)。

Mahaloさんの青春の1コマ、覗いてみたくなりましたぁ。
海もいいですね、
波音が好きです。
山もいいですよ、
緑に惹かれます。

ふくろうの照明は自分でも作ったことがあるのです。
でも、こちらにあったのは大胆なカット、
床や壁に映す灯りが素敵でした。
| naoko/Mahaloさんへ | 2006/07/22 10:05 AM |
素敵でしょ〜。
是非!ひっそり隠れてみてくださいね!?(笑)
| naoko/kikoさんへ | 2006/07/22 10:07 AM |
tadyさん、そうなんです。
照明ってそのものではなく、どんな光を落とすかなのですね。
焼き物から放たれる光は優しくて柔らかくて素敵です。
ハロウィンですか。。。かぼちゃですね。
| naoko/tadyさんへ | 2006/07/22 10:11 AM |
いい宿ですね。
木の香り、森を分割する手すりや窓ガラスの形がクラシックな雰囲気をさらに盛り上げているようです。木製のクラシックカーやふくろうの照明などインテリア、エクステリアに置かれるアイテムは料理のスパイスのようなものですね。これ重要です。
ところで個人的な関心事はベッドか布団かなんですが。
| ミカエル・ホタルッチ | 2006/07/22 3:15 PM |
ホタルッチさん、
本来の素材を生かす、より引き立てるスパイスってなくてはならないものですね。
スパイス使いが命取りになったりってことにも。。。
こういうところにこそセンスって光るものだと思います。

ベッドか布団か・・・それが問題だ!?。。。(笑)
ここは和室を壊さない感じの、限りなく布団に近い木のベッドでしたよ〜。
| naoko/ミカエル・ホタルッチさんへ | 2006/07/22 5:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/822
トラックバック