<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 爽やかなフィナーレ | main | まるでナポリ?の探検デート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
旅の最後のお買い物
家に帰っても食材がありません、
それに、
お料理する気になりそうもありません。
正しくは、
作りたくありません。
そこで、
救いの神・・・



「釜めし〜」
峠の釜めし、おぎのや製を買って帰ることに。
(900円)




上信越自動車道碓氷軽井沢インターでは、時間によって売り切れになっていることがある、それにそちらは人もたくさん。インターに入る手前に軽井沢インター店という出店があって、ここだと比較的買いやすい。

準備万端、夕飯のしたくもできたところで旅も the End。
あとは帰るだけ、寂しい〜。
上信越・関越自動車道をひた走ります。。。

途切れ途切れの旅日記にお付き合いいただきありがとうございました。





駅弁と言えばこの釜めし。横川駅でしか買えなかった時代、電車の停車時間に肩から提げたおじさんから釜めしを買うのは情緒があったと思う。今ではドライブインで買えたりする、駅弁じゃなく、最近は空弁っていうのもあるから、これは道弁?とでも言おうか。
これをいただくと何だか懐かしい感じになる。
それに何時間か前までいた軽井沢、旅の始まりの下田がよみがえったり・・・。

釜めしの容器が今も変わらない、これも懐かしさの理由かも。
しかし、一体ウチには何個この釜があるのだろう。
使えそうで捨てるに捨てられない、多くが旅の最後のお買い物。made in Chinaでもなくれっきとした益子焼なのもすごい。
上手く再利用できないでいるのは私だけなのだろうか。
洗って仕舞うことにした、いつ出番がやってくるのか、、、わからないのだけど。


鉛筆峠の釜めし本舗 おぎのや 群馬県安中市松井田町横川297−1
    創業120年だそうです。
    



| ■食 | 17:56 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:56 | - | - |
コメント
これ大好きです!
うちにもありますよー。
厳選したトッピングがよいですね!栗が特に好き。
この容器で釜飯炊いたことありますが、
見事に焦げました。

※この容器だけ買うと90円なんです。安いか高いか
 判断つかないのですけどw。
| kiko | 2006/08/25 8:21 PM |
誰もが食べたことのある駅弁って言ったら言いすぎでしょうか。
kikoさんの家にもね。
ですよね、これで炊くのはむずかしそう。
確か、昔これでおかゆを作ったことがあったような。。。おかゆは焦げなくて助かったけど。

さすが、お買い物日記のkikoさん、90円なんですか、
知りませんでした。
じゃ、ウチにあるの50円で売ろうかな〜。(笑)
| naoko/kikoさんへ | 2006/08/25 10:57 PM |
追加です。
トッピングのあんず、これが謎な存在!?
| naoko/kikoさんへ | 2006/08/25 11:05 PM |
おぎのやの釜めし,懐かしいですね。これは中央道の諏訪インターを出て茅野方面に向かう20号沿いにもあります。
この容器は益子焼ということ、昔お茶容器も陶器でできていましたね。あれがたまらなく郷愁を誘います。焦げるのは火加減でなんとかならないでしょうか?なるほど資源の有効利用ですね。
| tarutaru | 2006/08/26 3:46 PM |
tarutaruさんも懐かしいですか。
(白々しく)同じ年代ですね〜。(笑)
あちこちで買えますね、こうなるともう完全に駅弁じゃありませんね。
お茶、陶器の容器でしたっけぇ??四角いのだった???
(またもや白々しく・・・)

火加減で何とかなるんでしょうけど、きっとず〜っとそばで見張っていないとね。
| naoko/tarutaruさんへ | 2006/08/26 10:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/858
トラックバック