<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 旅の最後のお買い物 | main | Napoliの次はふらんす >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
まるでナポリ?の探検デート
大泉学園に薪窯ピッツェリアができたそうな。
関越の入り口(出口)に近いようなので、これは使えるかも・・・
家から線路2本を越えて(これが結構難点)親子の探検デート、
用賀に本店があり、全国で14店展開されているという「MAR-DE NAPOLI」(マルデナポリ)へ。







オシャレにライトアップされ、まるでナポリ(って行ったことないけど)のような二階建ての外観はこの辺りではかなり目を惹く。








薪窯は2ケ月かけてイタリア職人が作ったそうな。
ぴかぴかの立派な窯は厨房の中でもひと際大きな存在感を放っていた。

2名で4179円というポジリポコースにした。フォカッチャ、前菜盛り合わせ、ゼッポリーネ(orムール貝とアサリのワイン蒸し)、ピッツァ、パスタ、デザート、ドリンクのコース。
他に3名で5985円、4名で8379円というお得なディナーコースがある。










探検ということもあって最もシンプルなマルゲリータに。
パリパリの香ばしさは薪窯ならでは。少し、もちもち感は足りない。
あっさりめの食べやすいピッツァ。



パスタもシンプルそうな生ハムときのこで。茹で加減はぴったり、味付けもクセがなく万人向きのよう。





デザートはそれぞれの店舗で作られているそうな。
お皿に可愛い色とりどりのペインティング、この演出は楽しい。それにフルーツがたっぷりのタルトも見た目より軽くて難なくお腹に入る。





私たちが案内されたのは(1階の)ソファー席(これしか空いていなかった)、これがよくある背もたれの高いファミレス仕様。
オシャレな外観なのに何だか勿体無い。
場所柄、それに夏休みということもあって、周りは圧倒的に家族連れ。小さいお子さん連れなどには有難いソファー席なのだろうな。
が、デート気分はイマイチ盛り上がらない。
それに照明は、まるでナポリ?の昼間のような明るさだ。
(窓周りのテーブル席はちょっとナポリ雰囲気になっている)







西武線2本越えのナポリは薪窯ピッツァが気軽に楽しめる明るいお店でした。
飲んでたっぷりデザートまでいただき二人で5000円ほど、
この価格と夜のオシャレな外観、デザートの演出は☆☆☆
24:00までやっていること、駐車場が広く確保されていること、
から関越利用時に使えるかも・・・
(しっとりデートには不向きだったけど。。。)

   以上、探検デートレポートです。



鉛筆 ピッツェリア マルデナポリ  大泉学園店
     練馬区大泉学園1−2−9  03−5933−0666
| ■食 〜お店・練馬区〜 | 21:58 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:58 | - | - |
コメント
>全国で14店展開されているという「MAR-DE NAPOLI」(マルデナポリ)へ。

ちょっと冗談のような、ごろのいいネーミングですね。楽しい気分です。

>お皿に可愛い色とりどりのペインティング、この演出は楽しい。

ほんとうにうまいですね。味はともかくペインティングの技術がです。間違いなく味に上乗せですね。
イタリア料理はやっぱり日本人に受けるのだと思います。ちなみに今日の我が家の晩御飯はイタリアンでした。紫蘇や生ハムをドッキングした日伊合作スタイルは大受けでした。
| tarutaru | 2006/08/27 10:14 PM |
そう、私もこの店名が好きです、印象的ですしね。
元々はナポリの風・・・だったか、をもじったようですけど。

tarutaruさんちこそ、まるでナポリですぅ。
日伊、ドッチーノ?って言うかドッチーモ!って言うか。。。(笑)
うちは畑の紫蘇で埋め尽くした冷奴を始め、
ジャパニーズでいきました。
| naoko/tarutaruさんへ | 2006/08/27 10:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/859
トラックバック