<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 此―は ・・・ing。 | main | ちょっと車を見に!? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
察―はぬくぬく
  もみじ秋は温かさが心地よくなって・・・
温泉もその一つ。日にちが経ってしまいましたが、蓼科中央高原「たてしな藍」でのぬくぬくを忘備録としてとどめておきます。





ぬくぬく・・・温かいお茶が美味しい。この宿の器類はオシャレなもの、古いものなど、よいものに出逢えた。




ぬくぬく・・・
到着して一番乗り、誰もいなかったので。



蓼科高原自体が温泉ではそれほど有名ではない。ので、この宿の温泉も循環式でちょっと魅力には乏しい。
だけど、陽の当たる時間の入浴は贅沢感が増す、まして独り占めなんて。




これも、見つかったら宿から締め出されてしまうんじゃないだろうか・・・(今だからごめんなさい)
もちろん誰もいなかった朝のお風呂。
ぬくぬく浸かって、朝陽が眩しくて、目も頭も体もだんだんと目覚めていく感じ、
あぁ贅沢、幸せな一日の始まり。





こじんまりした全18室の宿。こざっばりした、こぎれいな清潔感が印象的な宿だった。




一番好きだったのがロービー。椅子とソファー席があり、落ち着く緑が見渡せる。
夜には庭がライトアップされ、ここで音楽が流れワイン(赤・白)やジュースのサービスがあった。(このワインは残念ながら口に合わなかった。)


ウエルカム茶。




朝食後の
モーニングコーヒー。






この宿の特徴の一つが、藍染め。敷地内に工房がある、宿で使われる手ぬぐい、浴衣、座布団、掛け布団など藍染めのもので溢れていた。これも心地よさや清潔感を演出している。

ぬくぬくのお風呂の話に戻ります。
内湯は男女各1、付属する露天がそれぞれ1。他に貸切り露天風呂が二つあったのだけど、これは有料だった。しかも、こちらは夜の時間が限られていてすぐに予約でいっぱいになってしまっていた。内湯が一つ、しかもそれほど大きくない・・・と物足りない分、二つの貸切り露天風呂も開放してほしいなと思えた。
(貸切り露天は、そういう部屋をつくる方が今の傾向では・・・)





これっ!というインパクトはなかった。(失礼)
藍染からも伝わってくる清々しさと、こざっぱり感、家庭的な温かさがただよう何だか自然体な宿。
帰り際女将がお見送り、会話を交わす。
藍が似合いそうな美しい人だったと思う。
台風はどこへ行っちゃったのか、空は青く眩しい太陽、
光を浴びた女将の笑顔が、ずっと年上なんだけど、素敵に光っていた。
あーして年を重ねていきたいと思う人だった、
あの瞬間の笑顔、きっと忘れないだろう。。。


 
        自分へのお土産。 
 


鉛筆  たてしな藍 
     長野県茅野市蓼科高原横谷峡口
     0266−67−5030


| 都会を離れて〜宿〜 | 17:58 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:58 | - | - |
コメント
旅行雑誌だとなかなか頭に入らないのですけど、naokoさんが
レポートしてくれると、残りますねー。
写真も素敵ですしネ。

| kiko | 2006/09/27 7:10 PM |
>光を浴びた女将の笑顔が、ずっと年上なんだけど、素敵に光っていた。
あーして年を重ねていきたいと思う人だった、

そんな素敵な人に会えてよかったですね。
絶対、大丈夫です。好奇心旺盛な人は年をとりませんよ。(笑)

>自分へのお土産。 
藍染のターバンかな?なわけないよ。
| tarutaru | 2006/09/27 8:59 PM |
kikoさん、ありがとうございます。
嬉しいですね〜♪

宿とかって、実際に泊まってみないと本当のところはわからないですね。
体験談だから。
| naoko/kikoさんへ | 2006/09/27 11:07 PM |
tarutaruさん、旅は温泉も、美味しいものもいいけど、こんな素敵な出会いがさらに彩りを添えてくれたりするんですよね。
tarutaruさんのお墨付きをいただけたので、
これで10年は年をとらないでいられそうですよ〜。(笑)

インド人もびっくりターバンで〜す。カレー作る時に必要なの。。。
って。(こらこら)
| naoko/tarutaruさんへ | 2006/09/27 11:14 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/901
トラックバック