<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 時が止まったままの・・・ | main | 箱入り娘でした!? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
さすが銀座、さすが新蕎麦
この気候、美味しい季節の到来です!
美味しいお蕎麦が食べたい、新蕎麦を食べたい、、、先日からスイッチが入ってしまったかのよう、これは病いに近い?!
以前から行きたいと思っていたお店、銀座一丁目「流石」で。
(伊豆・修善寺の「朴念仁」井仁氏に師事、そのれをくむので「流石」だそう。)





昭和通りに面している、入り口はちょっとわかりにくい。





お洒落なロゴ、看板、暖簾、銀座という場所から緊張しながら階段を下りた。
行き着いた突き当たりはドア、これがごく普通の扉で本当にこの中にお蕎麦やさんがあるの?といった感じだった。





店内はカウンター席、テーブル席、半個室ふうなテーブル席と狭いながらも変化のある席が上手い具合にモダンに配置されている(25席)。運よくテーブル席が確保できた。ほどなくして席はいっぱいになり、断られ出て行く客たちもいた。開店30分でそんな状態、本当にラッキーなことだった。

さて、恒例の・・・
カメラ使用を尋ねると、余り快い返事ではなかった。なので、今日はダメか、、、外の看板を撮りまくるしかないかと、ブロガーは泣いていた。
美味しそうなお酒の肴が目の前に供される。

と、これは・・・すごい、目に焼き付けておくだけなんて・・・
ポッ!突然火が点いてしまった。申し訳ないけど、こっそりと撮る手段に。だって、どれも美味しそうで実際美味しくて、撮らずにはいられない魅力的な一品一品だったから。
そして、これがまた、どれも素敵な器が使われていたのだ。。。




こそこそ撮っているので貴重な一枚っきりのブレブレ。
蕎麦味噌、だし巻き卵、鴨ロース、アオリイカの刺身。
日本酒は、よえもん(酔右衛門?)とあと何だっけ?忘れてしまったもの。

だし巻き卵、包丁で切られていない・・・箸でやっと掴めるくらいの柔らかさ。美味しい、口の中でとろけてしまう。
「大根おろしがほしい」
「だめだめ、卵そのものの勝負でしょ」(栃木の有精卵を使用しているとか)
「この鴨ロースはすごい!」
「フランスシャラン産だって」
「上品だね、ワインが合うね」・・・(kikoさん風になりました)
「酔っても よえもん!?」
口から鼻からふわ〜っと優しく広がる、なんとも言えない、そよ風みたいな「よえもん」。
あと一つの忘れちゃった日本酒はもっと締まりある、きりっ。




(写りはひどいですが)
極めつけがこれ、桜海老のかき揚げ(静岡由比直送とか)。テーブルに置かれた瞬間に香りがただよう。ほわほわさくさく、軽やかで口の中で海老が生き返る感じがした。もちろん塩でいただく。


これに会いに来た、いよいよ〆でもあり主役でもあるお蕎麦の登場です。(今は北海道産新蕎麦)



玄挽き蕎麦(限定15食?)。色には力強さを感じるけれど、これが見た目よりずっと繊細。香りがよく甘みも感じられる。




せいろ、こちらは見た目どおりの繊細なお蕎麦だった。けれど腰は思ったよりある。細さと腰の限界に挑戦しているかのような。スルスルとリズミカルに口に入っていく。とても上品。

料理もお酒も(シャンパンやワインも充実)お蕎麦も質が高い、流石です。
ワインが美味しい、フレンチもいい、
けどやっぱり日本人に生まれてよかった、実りの秋ね、
幸せ〜と思えた。
銀座「流石」でのひとときでした。




予約をして出掛けるのがベストです。

  鉛筆 流石  中央区銀座1−19−12 理研ビルB1
         03−3567−0012

| ■食 〜銀座〜 | 16:45 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:45 | - | - |
コメント
銀座の蕎麦屋で個室ですか〜
流石です。
と、お店の名前で洒落てみました。
こんばんは、Mahaloです。

美味しそうなお蕎麦だけど、撮影出来ないので
−30点ですね。
思うのですが、撮影拒否のお店って
まあ、個人情報がとやかく言われる時代なので
他のお客様が写らないと言う条件付ならば
自信を持って撮らせればいいと思うのです。
結局そういうお店って、一流になりきれない変なプライドがあるのですよね。
本当の名店は、お客様第一ですから・・・

で、お蕎麦の話に戻りますが、
わたしは相当な蕎麦好きで、名のあるお蕎麦屋さんを食べ歩きましたが、
此処が一番と限定するのは難しいです。
でも、西荻の鞍馬はそんなお蕎麦屋さんの中でも、
かなり美味しいお店に入るのではないでしょうか。
あと、神田藪蕎麦かな・・・
このお店の、天種はまた格別。
以前は荻窪のルミネにも支店があったのですが、
やっぱり神田で食べなきゃ。
せいろの量の少ないのには参りますが・・・
蕎麦の話になると、長くなりそうなので
ここまでにしますね。
本村庵と神田藪蕎麦って、似ていると思いませんか。。。
| Mahalo | 2006/10/12 8:03 PM |
こないだ、携帯電話より、大きいカメラ持ってたんですが(借り物)、
これを使うのは勇気いりますねー。許可されても
お客様のこともあって。。
で、やっぱり、携帯サイズが気楽でした。

みなさん、改めて、プロ根性あるーって思いましたw。

撮影拒否は私も疑問なときあります。
サイトで公開してたりするので、
なぜかな?って思うことありますw。





| kiko | 2006/10/12 9:02 PM |
>北海道産新蕎麦

「見た目よりずっと繊細。香りがよく甘みも感じられる。」常陸秋蕎麦よりおいしい気がしますが。

>「撮影禁止」

これはちょっとヘッドカムカムですね。
土浦薪能の撮影に勇んで出掛けましたらそこでも。
世の中、マナーの悪い人がいるからなのか、それとも個人情報ですか?ぼくはそれもやや過剰反応気味で表現の自由を脅かしているのではと思いますがいかがでしょう。


| tarutaru | 2006/10/12 9:43 PM |
Mahaloさんはお蕎麦が本当にお好きなんですね。
明日までだって語っていそうですぅ。。。(笑)

私の書き方が曖昧でしたけど、お店からは撮影NOとまでは言われていません。
「できましたら・・・」みたいに言葉を濁され、私の判断に委ねられたって感じでした。
やはり客の中にもいろいろな人がいますから、マナーをわきまえず撮る方もいらっしゃるってことなんでしょうね。
純粋に撮りたかった、伝えたかった私はちょっとショックでした。(結局はめげなかったけどね)
他ブログではこのお店、写真撮って載せてる方々結構います。(断って撮るって人もいないのでしょうね)
撮影に関してはこれくらいで止めましょう。

お蕎麦ですね・・・鞍馬はとても正統派だと思います。バランスがとれていて美味しいですね。純粋にお蕎麦をいただくお蕎麦屋さん。
だけど、私はそれだけではなく、お蕎麦を中心にどんな時間がそこで流れたのか、どんな気分や雰囲気でお蕎麦がいただけたのか、、、ひっくるめた時を大切にしたいなと思っています。
お蕎麦屋さんも人との出会いに通じるような。わくわくしたり(初めてのお蕎麦屋さんに)、今日の気分はあのお蕎麦屋さん、あの人と行くんだったらここ、とか、それぞれの魅力がそれぞれのお蕎麦・お蕎麦屋さんにありますものね。

「流石」はお料理が美味しくお酒も美味しく・・・会話が弾んで・・・〆のお蕎麦できゅっと締まる。
この流れ方(流石のシャレじゃなく)がよかったです。
神田の藪蕎麦は随分昔に行ったきりなので、すっかり味も忘れています。本むら庵と流石のせいろはちょっと似た感じもありましたよ。
私も長くなりました。。。

| naoko/Mahaloさんへ | 2006/10/12 11:03 PM |
kikoさん、そうカメラが大きいからね、結構勇気が要りますよ。
でも慣れちゃいましたけど。
お店、飲食店では携帯サイズがいいですね。

撮影についてはMahaloさんへのコメントで書いたとおりです。
「撮影拒否」とまでは言われていないことを付け加えておきますね。
サイトで公開、クチコミ、、、これ結構影響力ありますよね。いい方にも悪い方にも。お店の向上につながるってことにもなるし、いいことだと思うけど。
| naoko/kikoさんへ | 2006/10/12 11:14 PM |
tarutaruさん、北海道の細かい産地までどこかに書いてあったんですけど、すっかり忘れちゃいました。。。
新蕎麦が北海道から始まってだんだん南下していきますね。桜のように?とまではいかないけど、季節を感じます。

ヘッドカムカムのtarutaruさん、撮影に関してはMahaloさんのコメントに書いたとおりです。
一部マナーの悪い人もいるからだと思いますね。
ヘッドウンウン(うなずく)、表現の自由、ホントそうですよ、これも大切にされないと何も生まれないわ。




| naoko/tarutaruさんへ | 2006/10/12 11:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/925
トラックバック