<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 一歩入ると、そこは別世界  | main | どこ吹く風 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
屋根はあったほうが・・・


(画像は何ら関係のないグッチビル、11月3日オープンを待つ。)

知らずに目の保養に入った銀座エルメスでは・・・
「木村伊兵衛のパリ」写真展が開催されていました。私でも知っているあの木村伊兵衛、バッグはそっちのけで8階フォーラムへ。






木村伊兵衛は1901年生まれ、東京下町のスナップショット、ライカ使いの名手・・・写真界の大黒柱として活躍、数多くの写真集を出す。
その彼が1954−1955パリで撮った写真が展示されていた。

彼の写真はこの時代なのに新しい感覚で迫ってきた。人々の何気ない表情、オシャレなパリの街角、今でも通用するようなファッションもとても楽しかった。


・・・で、小冊子の中に面白いエピソードを見つけました。

<ドアノーという人>(抜粋)
(ドアノーという人がパリ祭の面影が残る裏街を自動車でロケハンしてくれた)
それについても面白いのは、ドアノーという人の人柄である。そういう下町の人に本当に可愛がられている写真家である。だから細い横丁に行っても、ドアノーは自動車で乗り入れるが、他の者が乗り入れようものならひっくり返される。ところがドアノーだと言えば道を開いてくれる。自動車をなぜ乗り入れるかというと、自動車の屋根に乗らないとうまく写せないのだ。彼の自動車の屋根には鉄のテスリがちゃんととりつけてある。私もドアノーと一緒に屋根に乗って写した。
(ヨーロッパ撮影記 1956年)




この話が私のツボにはまっちゃって、昨日のOpen Carに続くわけ。
そう、寒さ避けばかりじゃなく屋根は必要なのよ!
ひがみじゃなく。。。(笑)



鉛筆 木村伊兵衛のパリ  2006.10.28−2007.1.21
     メゾンエルメス 8階フォーラム 入場無料
     中央区銀座5−4−1

| 陶芸外の美術展、個展・映画・音楽 | 21:38 | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:38 | - | - |
コメント
私のツボにもはまりました(笑)
ドアノーにそんなエピソードがあったなんて!
そういえばオリジナルプリントの良さを初めて知ったのは、(大昔に行った)ドアノーの写真展だったことを思い出しました。
| le27octobre | 2006/10/29 9:53 PM |
偶然なのですが、昨夜、ヒルズのTUTAYAで
木村伊兵衛氏の写真集を観ていました。
ライカが欲しくなりますね。。。
| Mahalo | 2006/10/29 10:31 PM |
le27octobreさん、同じところにツボがあったのね〜。
たぶん、ツボの高さもいい感じ。(笑)

ドアノーでもヤネあり、こんなんはいかがでしょう。夜になると冷え込むんです。。
| naoko/le27octobreさんへ | 2006/10/29 10:33 PM |
Mahaloさん、そうだったんですね。
恵比寿の写真美術館でいつかあった写真展、見たことがあります。

私を誘惑しないでくださ〜い(笑)、ライカね、、、いいですよね、、、
手に取った感じとか、あのシャッターの感じとか。
ショーウィンド越しにいいなぁ〜と眺めているだけ、我慢!
| naoko/Mahaloさんへ | 2006/10/29 10:50 PM |
エルメスにずいぶん前に目の保養に入った時の
記憶ですが、一番安い商品が3万円くらいでした。
くつべらですw。以来入っていません(笑)。
| kiko | 2006/10/30 12:40 AM |
>あの木村伊兵衛、バッグはそっちのけで8階フォーラムへ

えらい!巨匠の写真展を見てきたのですね。バックよりも写真をとった所がすばらしい。

>私もドアノーと一緒に屋根に乗って写した。

ドアはなくても屋根があった方がいい。ドアノーという人の写真も同じように魅力的ですね。探してみました。庶民の味方、カメラ小僧って感じです。つまるところ・・・カメラは性能。写真は、撮る人間で決まるかあ。ぼくも勉強しよっと!






| tarutaru | 2006/10/30 12:43 AM |
あはは、kikoさん、
今度は8階に直行してみてね。
いつも何かしらの展示があって、ここはただです。
しかも、目と心の保養になるって素敵な場所なの。
| naoko/kikoさんへ | 2006/10/30 8:51 AM |
tarutaruさん、バッグは手に届きませんから。
木村伊兵衛も届かぬ人ですが、
何はなくとも写真!でしょ。(嘘臭い。。)

屋根は雨よけでも、寒さよけでもなく、
カメラマンのためにあったのですね〜。(笑)
ドアノーの屋根、印象的です。
私もいつか屋根に上って・・・と企んでおります。

写真は撮る人間ね、
だからいろいろな写真があるのだし、あって面白いのですよね。
お勉強ですか...tarutaruさん、ファイト爆発が効いています?(笑)
| naoko/tarutaruさんへ | 2006/10/30 9:08 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/951
トラックバック