<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 秋色ロード | main | この地にしっくり、レトロな「匠」で >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
熱気むんむんのみんみんで
今回の日帰り旅で出かける前に決めていたことと言えば、いろは坂を走るということ、帰りに宇都宮で餃子を食べること、の二つだった。
いよいよ〆の餃子、ちょうどよい時間に宇都宮に到着することに成功。

お休みの正嗣から、みんみん本店にたどり着くと、人・人・・・。







この暖簾の向こう側にはどんな世界があるのだろう。。。大袈裟だけどそんな感じ、順番を待つアトラクションの前にように。(笑)
熱気が外にまで伝わってくる、思ったより早く入店できた。






中も活気と熱気で溢れている、入ったことのないあの吉祥寺「いせや」もこのような雰囲気に近いのかもと思いながら。
さぁ〜て、注文もどうしたらいいのか......どの位のボリュームなのか......
とりあえずビール。

メニューは至ってシンプル、焼・水・揚の餃子、6個で220円。
ライスが100円。あとはビールしかない。





見てのとおり焼餃子。
焼きたてアツアツがテーブルに置かれた。思ったより1個が大きい。口にすると、思ったよりさっぱりしている。そうこってりとしたしつこい感じではない、適度にジューシー、ビールと合うこと。皮も少し厚めでパリっと食べ応えがあるのも美味しい。
味もさることながら、この雰囲気の中でいただくから美味しいのだと思う。スタッフと客のやりとりや厨房からの空気や、が面白いように回っている。




見てのとおり水餃子。
これはつるりんと食べやすくさっぱりしている。焼との対比も面白い。同じ餃子でこうも感じが異なるとは驚き。これはいくつでも?入ってしまいそう。





どの位食べたらいいのか、自分の胃なのに見当がつかなくなる。やっぱり「揚」も気になる......
ブログ的にも絵がほしい......追加注文!!
またまたこれは別物だ。別腹に入るような、これはデザート的感覚に近い。春巻きとパイの中間を行く、餃子とは思えない餃子。
これは最後に注文で正解だったと思う。いきなりこれはキツイ。
焼(ビールと共に、半分いったところでご飯に移って)→水(ご飯)→揚(ご飯に合わない)がベストの順番かと思う。

店内はずっとエネルギーに満ちていた。ここら辺独特のイントネーションのやりとりの中で英語が飛びかう。「ヤキダブル!」へ〜こんな風に注文するんだぁ。。。





外に出ると行列は延びていた。〆もばっちり、宇都宮を去りがたい気持ちも。
それにしても盛りだくさんな日だった。



鉛筆 みんみん 本店
 宇都宮市馬場通り4−2−3
 028−622−5789





    <秋の日帰り☆満喫の日光>記

| ■食 〜日光〜 | 17:06 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:06 | - | - |
コメント
吉祥寺にもみんみんあります。
本場のみんみんも食べたいですね。。
本場は中国かしら?
| kiko | 2006/11/02 7:35 PM |
みんみんってあちこちにありますね。
吉祥寺のはどんな?(食べたことありません。)
ホントは、カッコイイ正嗣で食べたかったのに...
お休みで。
宇都宮って満州からの引揚者が餃子を広めたそうですが。。
| naoko/kikoさんへ | 2006/11/02 10:17 PM |
みんみん自分のブログで紹介しておきながら、実は揚食べたことないのですよ、ビールも。
ビールそんな名前だったのですね。
みんみん長居できないのが、難点なんですよね。
餃子に集中!がんがん食べて、そそくさと出てくる感じなんですよね。
ですけど、お会計の時二人で千円以下(ビール飲まないので)で、こんなに美味しくて安いので、すごく得した気分♪になります。
| okuman | 2006/11/02 11:03 PM |
行列の訳がわかります。あのお店に一歩踏み込んだら独特のノリ、リズムにはまってしまいます。そう!おまけに旨いと安いがあるものね。
ビールは二種、普通のもありました。こちらが珍しかったので…。
〆がガツンとパンチが効いて本当に大満足の日になりましたぁ〜。
| naoko/okumanさんへ | 2006/11/03 10:45 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/963
トラックバック