<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 珈琲時間。巴有吾有。 | main | 銀座の夜のものがたり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ゆうぐれのひと

















             ・・・もみじある日の芦ノ湖で・・・

| ♪秋が色づく頃 | 17:19 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:19 | - | - |
コメント
>ゆうぐれのひと

こちらは黄昏のひと・・・いやあまだまだ。
人生これからです。
幸せな人たちのシルエットがまあるく見えます。
いいものですね。
| tarutaru | 2006/11/09 6:17 PM |
モノトーンでもあったかい風景ですね。
| kiko | 2006/11/09 8:30 PM |
tarutaruさん、
そうです、まだまだ。だって同じ世代です、黄昏なんて言われちゃ怒ります。日はまた昇る!?ってね。

写真って撮る人の気持ちも写すものだとして・・・
撮ったものを見る人の気持ちも写すもの、なんだなぁ〜って思います。
まあるく見えたtarutaruさん、お目目が真ん丸なんだなぁ〜って。あはは、じゃなくて気持ちがね。
| naoko/tarutaruさんへ | 2006/11/09 11:03 PM |
kikoさん、
夕暮れの一人は寂しいですね。
二人いるだけであたたかくなる。。
tarutaruさんのコメントにも書いたけど、
kikoさんもあったかいのね。
あれ?冷え性でしたか?(笑。ごめん)
| naoko/kikoさんへ | 2006/11/09 11:10 PM |
夕暮れの湖畔をそれぞれの想いでたたずみ、またはそぞろ歩きをする。急いで帰る人もいるかもしれない。
そんな情景がにじんでいて、良い雰囲気の写真ですね。
| あだっちゃん | 2006/11/10 8:47 AM |
あだっちゃんさん、ありがとうございます。
芦ノ湖を舞台にそれぞれのストーリーがあるのですよね。
この日、芦ノ湖で過ごしたそれぞれの時間・思い出を抱えながら家路に着くのでしょう。。
家には誰が待っているのかな。。
人のいる風景は想像力が広がっていきますね。

| naoko/あだっちゃんさんへ | 2006/11/10 5:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/972
トラックバック