<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< reverse | main | rain/run/line >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
動かぬ証拠!?
あっ、カワセミだ!
青梅で偶然見つけたカワセミ。
前回は善福寺公園であだっちゃんに教えていただき、ただ撮っただけ。今回は自分で見つけたんです。それがカワセミだと認識できた、ちょっとだけ進歩しました。

が、まるで目の検査のよう、目を大きく開けてくださいね!



点よりは大きく、豆粒より小さく。可愛い。
カワセミってこんな綺麗な色をしているんですね。

本物ではないみたいだけど・・・



ちゃんと移動しているの。
動かぬ証拠!んー?......動いた証拠、撮りました。↑




こんな風に、名もないような川で(あとで黒沢川と知る)自然に鳥たちが暮らしている、東京都とは思えない。本当に静かなところ。


ここは・・・


東京にある温泉「岩蔵温泉 かわ村」の2階の窓から、カワセミを見つけました。





日帰りも十分に可能な距離でしたが、贅沢にも岩蔵温泉(青梅市小曽木、旅館が4軒ある)に一泊。
この東京の温泉が思ったより素晴らしいお湯でした。
「つるつる温泉」と銘打っているくらい、最初はそうでもないな...と思って入っていたけど、だんだんと肌がしっとりと潤ってくる、そして、つるつるな感覚が本当にやってきたのです。泉質はアルカリ泉、効能は美肌!!(PHがかなり高かった 9・0?)

白壁の蔵造りの外観、落ち着いた宿でした。

お料理もサービスも家庭的な温もりを感じるもの。










東京の温泉と言えば、最近の豊島園や松涛や六本木・・・ばかりかと思いきや、このような温泉郷があったなんて。しかも、かなり歴史ある温泉とか。
六本木のイルミネーションも東京、だけど、まだまだ知らない東京、こんなひなびた東京が残っている。驚きであると同時にうれしい発見でした。

  
   鉛筆岩蔵温泉 かわ村  青梅市富岡3−1055
          0428−74−5305
    
| 都会を離れて・旅行・癒しスポット | 18:11 | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:11 | - | - |
コメント
偶然にも今日青梅市に行ってきました。
こんなステキな景色には出会えず
中古車販売のお店がやたら連なっていましたw。

仕事がらみで行くときは、良さを分からずじまいです。。
ゆっくり出掛けたいですー。
| kiko | 2006/11/20 7:39 PM |
点<かわせみ<豆粒

やりましたね。予告どおりに。青梅に陶房がある故・藤本能道先生がカワセミを描いておられました。やはり棲息しているのですね。「翡翠」まさに体はヒスイ色で美しい目のさめるような色です。
これ、鶏みたいに大きかったらありがたくないですよね。
雉はね、食べるととてもうまいんですって。そういえば雉丼なんてありましたね。国鳥ですよ。
| tarutaru | 2006/11/20 7:54 PM |
カワセミを撮れて良かったですね。充分に解ります。
青梅にはツツジで有名な塩船観音や花菖蒲が綺麗な吹上菖蒲園があります。
岩蔵温泉は塩船観音の奥ですね。
行った事はありません。
| あだっちゃん | 2006/11/20 10:01 PM |
kikoさん、それはそれは・・・お疲れ様でした。
私もこの辺りはほとんど初めてでした。近くにまだこんなに自然が残っているなんて嬉しいですね。
kikoさんも今度は仕事抜きで!
春も良さそうですよ。
あっ、それに結構日本酒の蔵元がありそう〜。
| naoko/kikoさんへ | 2006/11/20 10:54 PM |
tarutaruさん、びっくりしたぁ〜。
これこれ、「点<かわせみ<豆粒」
はじめ、記事に↑このタイトルをつけたんです!!
一字一句違わない不等式。こんなことがあるんだ・・・@@

藤本先生、青梅に陶房を構えていらしたのですね。
善福寺で見たカワセミより、ヒスイがずっと鮮やかでした。
探していた幸せの青い鳥〜!!
この川で鶴を見た気がしたのですが、すぐに飛んで行ってしまって...証拠写真がありません。
あれは錯覚?幻?羽のふちが黒かったんだけどなぁ。

雉も綺麗ですね。桃太郎さんも現れたようで。。。

| naoko/tarutaruさんへ | 2006/11/20 11:09 PM |
あだっちゃん、あの時公園で教えていただかなかったら・・・
カワセミに気づきもしないし、撮りもしていなかったことでしょう。
この記事だってなかったことでしょう。
新たな楽しみを教えていただきました。(感謝)

お花にも詳しいのですね。
春も綺麗でしょうね。
岩蔵温泉も馬鹿にできませんよ、お肌つるつるになります。
| naoko/あだっちゃんへ | 2006/11/20 11:30 PM |
カワセミは「清流の宝石」と 呼ばれます。 でも ...
並の農業用水にも 居ます。清流じゃなくても 良く見られます。
川の横っ腹に空いた穴は カワセミの 巣かも知れませんよ。

陽射しを浴びて、 水面を滑空していくときは、さしずめ
解き放たれた メタリックブルーの矢 の ようで、
キレイでっせ 〜 、 アンタ !
今度は その瞬間に 会えると いいね。
| tak1 | 2006/11/21 10:26 PM |
tak1さん、
季節到来ですね、沢庵の。
大根干し、壮観でしたぁ。バイクも寒いですねっ、
ちゃりんこも寒いです。
お風邪を引かないように!

と、前置きが長くなりました。
「宝石」ですか、残念ながら宝石にはあまり興味がないかも。
清流ね...カワセミって穴倉に住んでいるんですか、
へ〜〜です。

ですよね、このブルーは素晴らしい。
そんな瞬間に会ってみたい!
| naoko/tak1さんへ | 2006/11/21 11:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naonao55.jugem.cc/trackback/988
トラックバック